menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. 有馬記念2015 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. 秋華賞2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 小倉大賞典2017 予想
  2. フェブラリーステークス2017 予想
  3. 京都牝馬ステークス2017 予想
  4. ダイヤモンドステークス2017 予想
  5. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  7. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  8. 京都記念2017 予想
  9. 共同通信杯2017 予想
  10. クイーンカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

函館2歳ステークス2016 予想

 
7月24日(日)函館競馬場芝1200mで行われる函館2歳ステークス2016の予想です
 
 
この世代初めてとなる重賞になるのが函館2歳ステークス
過去ここからG1への舞台へ大きく羽ばたいた馬はなかなか少ない事もあって
将来性というよりは現時点での能力・完成度が問われやすいレースなのでしょう
 
今年の人気はモンドキャンノが抜けた1番人気
新馬戦で下した馬(2・3・4着馬)その後軒並み勝ち上がっているので
その点を高く評価されてのこの人気と言えそう
果たして1番人気に応えられる事が出来るのか!?
 
2年連続2ケタ人気馬が馬券になってるので人気薄にも十分チャンスがありそうです
 
そんな函館2歳ステークス2016の発走時刻は15:25になっております
 

函館2歳ステークス2016の見解

 
昨年はサンデー系種牡馬、一昨年は米国型ノーザンダンサー系種牡馬がそれぞれ上位独占
 
どちらに重きを置くか?がなかなか悩ましいところですが
一昨年までサンデー系種牡馬は
13年3着のトーセンシルエット(父トーセンダンス)しか馬券になっておらず
そんな中で昨年は上位独占だったので
今後はサンデー系種牡馬が数も居るので優勢になっていくと決め付けてしまおうかと
 
あとは母父サクラバクシンオーにも注目
これは仕上がりの早さとスピードの優位性が活かされやすいという事でしょう
 
ストームキャット、ヴァイスリージェントといったパワー型ノーザンダンサー系も特注です
 

函館2歳ステークス2016の予想

 
◎はガーシュウィンにしました
父アドマイヤマックスはサンデー系種牡馬
産駒の成績は芝よりダートのほうがよくややパワー寄りなら函館は逆に良さそう
実際函館の芝は複勝率34.5%とずば抜けていいんです
さらに母父はこのレースで注目のサクラバクシンオー
 
○はモンドキャンノ
父キンシャサノキセキはサンデー系種牡馬
キンシャサノキセキ産駒は昨年小倉2歳ステークスで1・2着し京王杯2歳ステークスでは2年連続2着
早い時期から実績を挙げてる事もあって2歳重賞では注目の種牡馬
この馬も母父はサクラバクシンオー
 
▲はバリンジャー
父ステイゴールドはサンデー系種牡馬
スタミナ型のサンデー系という事もあって産駒の1200m重賞成績は奮わないんですが
芝で成績がいいのが札幌・函館といった洋芝
単純に前走福島から函館替わりで期待出来るのでは!?
母父Storm Catはパワー型ノーザンダンサー系
 

函館2歳ステークス2016の予想印と買い目

 
ガーシュウィン
○モンドキャンノ
▲バリンジャー
△フクノクオリア
△メローブリーズ
△ロイヤルメジャー
 
買い目は
◎ー○▲のワイド
◎○▲の3連複
◎ー○▲ー△△△の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統

  2. 神戸新聞杯2016 出走予定馬と展望

  3. 高松宮記念2016 予想

  4. マリーンカップ2016 予想

  5. きさらぎ賞2016 予想

  6. 阪急杯2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る