menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. 愛知杯 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 大阪スポーツ杯にセプテンバーSなど2018年9月22日土曜の競馬予想
  2. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  3. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  4. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  5. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  6. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  7. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  8. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  9. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  10. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

函館2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

 

今週日曜函館メインは函館2歳ステークス2015

ブランボヌール、オデュッセウス、メジャータイフーン、メジェルダ他18頭が出走予定

 

【函館2歳ステークス2015出走予定馬と血統表】
函館2歳S2015出走予定馬

コスモフレンチ
シャドウアプローチ
メジェルダ
スノードリーム
現時点ではこの4頭が残り2頭の出走枠を賭けて抽選対象になっております

 

スタチューオブリバティ⇒フレンチデピュティ⇒ヨハネスブルグ
昨年の函館2歳ステークスは米国型ノーザンダンサー系種牡馬のワンツースリー決着でした
13年の勝ち馬クリスマスの母母父Salt Lake
12年の勝ち馬ストークアンドレイの父クロフネ
この2頭も共に米国型ノーザンダンサーの血を持ってたのでまずはこの血に注目したいところ

あとはフォーティナイナー系の血もよく走ります
よってパワー型の血が優勢であるという事なんでしょうね
これは父サンデー系が【0.0.1.21】と不振である事からも頷けるデータ

 

オデュッセウスは函館1200m特注のファルブラヴ産駒で同じ父を持つアイムユアーズが11年2着
米国ノーザン&フォーティナイナーの血こそ持ってませんが
非父サンデー系なのと母母父にミスプロを持ってるのでまあ悪くない感じはします

ブランボヌール、メジェルダ、メジャータイフーン、ラッキーボックス
評判が高くそこそこの人気に推されそうなこの4頭は全て父サンデー系
この4頭なら母方がフレンチデピュティ×Tabasco Catで米国型ノーザンダンサー配合のメジェルダでしょうか

 

オデュッセウス
コスモフレンチ
シャドウアプローチ
スノードリーム
ヒルダ
メジェルダ
リンダリンダ

出走予定馬の中で気になるのはとりあえずこの7頭

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京大賞典2015 予想

  2. 小倉日経オープン2015 予想

  3. アイルランドトロフィー2015 予想

  4. ターコイズステークス2015 予想

  5. アルテミスステークス2015 出走予定馬と先行予想

  6. マイルチャンピオンシップ南部杯2015 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る