menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  2. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望
  3. 北九州記念 2017 予想
  4. 札幌記念 2017 予想
  5. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  6. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  7. サマーチャンピオン 2017 予想
  8. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  9. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  10. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

函館記念2015 回顧

 

函館記念2015は散々な結果に終わりましたが・・
悔しかったのは昨日のマーキュリーカップ
「キングマンボ」推しでいっておきながら
キングマンボ内包種牡馬であった父スズカマンボのユーロビート抜けという「何やってんねん」状態(苦笑)

 

【函館記念2015】
1着 ▲ダービーフィズ
2着 無ハギノハイブリッド
3着 無ヤマカツエース
9着 ◎ヴァーゲンザイル

結局、結局ですよ・・週中に推してた
◆母方にノーザンダンサーの血を持つ馬(特に欧州型)
◆そしてステイゴールドの好走データ
この2つは見事なまでに打ち砕かれるという結果に終わりました

1~3着馬の内ヤマカツエースのみ母方にノーザンダンサーの血を持ってましたが
これも母母父Tejaboというヴァイスリージェント=米国型のノーザンダンサーの血

ダービーフィズは函館&札幌重賞で成績優秀であったジャングルポケット産駒で
近親に函館記念で複数馬券対象馬を出してるマンハッタンカフェが居る血筋だったのでまだ納得いく好走

じゃあ2・3着馬の好走の理由は何や?と探してみたんですが・・・
単純にロベルトの血を持ってたというのが今となっては良かったのかも!?
ハギノハイブリッドは父タニノギムレット
ヤマカツエースは母父グラスワンダー
11年・12年はロベルトの血を持つ馬でワンツーフィニッシュでしたし
10年3着ドリームサンデーも母父ブライアンズタイムがロベルト
13年こそロベルトは奮わなかったですが14年はロベルトの血を持つ馬(父・母父)は出走馬ゼロ
このあたりもう少し突き詰めておけば良かったと反省させられました。。。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 金鯱賞2015 出走予定馬と先行予想

  2. アイビスサマーダッシュ2015 出走予定馬と先行予想

  3. エニフステークス2015 予想

  4. 新潟記念2015 出走予定馬と先行予想

  5. 東京盃2015 予想

  6. 京都大賞典2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る