menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  6. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. クイーンカップ 2018 予想
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. エプソムカップ2016 予想
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 阪神メイン仁川ステークスなど2018年2月24日土曜の競馬予想
  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  3. 小倉大賞典 2018 予想
  4. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  5. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  6. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  7. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  8. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  9. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

函館記念2015 ノーザンダンサー系の血を母方に持つ馬に注目

 

過去の函館記念でまず目立つ好走血統はズバリノーザンダンサー系

14年1着 ラブイズブーシェ(母母父リファール系)
14年2着 ダークシャドウ(母母父ダンチヒ)
14年3着 ステラウインド(母父ヌレイエフ系)
13年1着 トウケイヘイロー(母母父ノーザンテースト)
13年2着 アンコイルド(母父リファール系)
13年3着 アスカクリチャン(母父ノーザンテースト系、母母父ニジンスキー系)
12年1着 トランスワープ(父フェアリーキング系、母母父ノーザンテースト)
12年3着 ミッキーパンプキン(母父リファール系)
11年1着 キングトップガン(母父ニジンスキー系)
11年2着 マヤノライジン(母父ダンチヒ)
10年1着 マイネルスターリー(母母父ニジンスキー系)
10年2着 ジャミール(母父サドラーズウェルズ)
10年3着 ドリームサンデー(母母父ニジンスキー系)

これは過去5年における函館記念の好走馬の中で

リファール、ダンチヒ、ノーザンテースト、ニジンスキーを中心に

ノーザンダンサー系の血特に欧州型の血を3代(父・母父・母母父)に持つ馬を書き出してみましたが

毎年2頭以上馬券になってる事がこれによって分かりますね

しかも特に注目なのが全ての馬がこの血を母方に持ってたという点でしょう

 

ヴァーゲンザイル(母父ノーザンテースト)
サトノプライマシー(母母父ヌレイエフ)
ツクバコガネオー(母母父サドラーズウェルズ)
デウスウルト(母母父ノーザンテースト)
ホーカーテンペスト(母母父フェアリーキング)
マイネルミラノ(母父ダンチヒ系)
ラブイズブーシェ(母母父リファール系)
レッドレイヴン(母母父ダンチヒ)

確定した函館記念2015出走馬で母方に上で挙げた血を持つのはこの8頭

今年もここから2頭は好走するような気がしてなりませんが・・・

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. チャレンジカップ2015 予想

  2. アルテミスステークス2015 予想

  3. 函館2歳ステークス2015 予想

  4. 府中牝馬ステークス2015 予想

  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価…

  6. レディスプレリュード2015 予想

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 17日

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る