menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. 秋華賞2016 予想
  4. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  5. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 予想
  2. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  3. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  4. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  5. フローラステークス2017 予想
  6. マイラーズカップ2017 予想
  7. 福島牝馬ステークス2017 予想
  8. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  10. 東京スプリント2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

阪神牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神メインレースは阪神牝馬ステークス2017
 
 
阪神牝馬ステークスは芝1600mで行われる古馬牝馬限定重賞
昨年から1600mに距離変更されてよりヴィクトリアマイルの前哨戦的位置付けに
 
昨年の阪神牝馬ステークス勝ち馬はスマートレイアーでヴィクトリアマイル4着
2着だったミッキークイーンがヴィクトリアマイル2着
そして9着だったストレイトガールがヴィクトリアマイル1着
この結果だけ見るとやはり前哨戦として今後も重要度が増してきそうですよね
 
主な出走予定馬は昨年のエリザベス女王杯勝ち馬であるクイーンズリング
他にはミッキークイーン、トーセンビクトリー、アットザシーサイド等が登録しております
 

出走予定馬と血統表

 

 
阪神牝馬ステークス2017出走予定馬は16頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 
1600mになった昨年はいきなりディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ
2月開催以降の阪神芝レースでも産駒はコンスタントに勝ち星を積み上げてるのでむろん注目
 
そのワンツーを決めた2頭は共に母父が欧州ノーザンダンサー系
3着だったウインプリメーラは母方は米国配合でしたが父がステイゴールド
母方に欧州血統を持つ馬が注目なのと欧州=スタミナ=ステゴという事でスタミナ型サンデー系
 

有力馬の考察

 
ミッキークイーンの父はディープインパクトで昨年のこのレース2着馬
有馬記念はこの配合(母父ヌレイエフ系)にしては距離がきつい中で頑張った部類(5着)
今回はディープインパクトが好走率の高い大幅短縮臨戦になりますね
間隔も開けての臨戦ですしまあ特に嫌うようなものはないのかなあといった感じ
 
クイーンズリングはマンハッタンカフェ産駒でサンデー系種牡馬
ステイゴールドやハーツクライほどマンハッタンカフェはスタミナ型サンデーと思えませんが
スタミナがないって訳でもないですかね
成績を見るとやや非根幹距離向きとも思えますが母方は欧州配合
 
アドマイヤリードの父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒ってアップ戦に強いというイメージがあるので
再び条件戦から勢いをつけてきたこの臨戦は非常に魅力的
母父Numerousはミスプロ系で昨年3着ウインプリメーラと同配合
母母父Kenmareはグレイソヴリン系なんで欧州血統
 

出走予定馬で気になる馬

 
アットザシーサイド
アドマイヤリード
クイーンズリング
ジュールポレール
デニムアンドルビー
ミッキークイーン
 
この6頭の中で最も注目してるのがミッキークイーンで次点がアドマイヤリード
 
一発に期待したいのはジュールポレール
勢いあるディープインパクト産駒でこれが初重賞と鮮度抜群
母父エリシオは欧州ノーザンダンサー系でありますしね
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ポルックスステークス2017 予想

  2. マーチステークス2017 予想

  3. すばるステークス2017 予想

  4. アーリントンカップ2017 予想

  5. ダイヤモンドステークス2017 予想

  6. アンタレスステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る