menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. 京都大賞典 2017 予想
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアンジュに…
  2. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  3. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  4. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  5. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  6. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  7. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  8. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  9. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  10. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜阪神競馬メインレースは阪神ジュベナイルフィリーズ2017
 
 
阪神JFこと阪神ジュベナイルフィリーズは芝1600mで行われる2歳牝馬によるG1レース
7週連続G1シリーズの第5戦という事になりますね

来春の桜花賞と同じ舞台での競馬となる為にクラシックへ向けての重要な一戦
2010年以降はここを勝ち桜花賞を勝った馬はいませんが
以前はアパパネ、ブエナビスタらが阪神JFを制し桜花賞も制しております

今年は重賞勝ち馬3頭が顔を揃えてその3頭がそのまま上位人気を形成しそうなムード
その中でも前走札幌2歳ステークスで牡馬を蹴散らして勝ったロックディスタウン
この馬が中心視されそうな感じ

今年の主な登録馬はそのロックディスタウン以外に
ベルーガ、ラッキーライラック、コーディエライト、レグルドール、サヤカチャンらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2017出走予定馬は23頭(フルゲートは18頭)

グリエルマ
サウンドキアラ
スカーレットカラー
ソシアルクラブ
トーセンアンバー
トーセンブレス
ナディア
ノーブルアース
ハイヒール
モズスーパーフレア
ラスエモーショネス
ラテュロス
この12頭が残り7頭の出走枠を巡って抽選対象馬となっております
(※アマルフィコーストが回避という情報もあるので12分の8に枠が広がる可能性も)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における阪神ジュベナイルフィリーズ1~3着馬の父と母父が分かるもの

09年、10年、12年と非サンデー系種牡馬であるクロフネ産駒が馬券になった時もありましたが
13年以降はサンデー系種牡馬が圧倒してますね
そして一つ特徴的なのはそのサンデー系種牡馬で前走との間隔が2~4週と詰まってた馬
この臨戦の馬がかなり苦戦しているという事ですかね
まあ頭の片隅くらいでこれはいいとは思いますが。。
それ位このレースは母方も含めて血統傾向でこれといった特徴が見当たらんのです

15年2着 ウインファビラス(母母父)
14年1着 ショウナンアデラ(母父)
13年3着 フォーエバーモア(母父)
12年1着 ローブティサージュ(母母父)
11年2着 アイムユアーズ(母父)
10年3着 ライステラス(母父)
それでもどうしても探すのならこれらは母方にミスプロ系の血を持ってました
ミスプロ系は仕上がり早=スピードに長けた血という特徴があるのでこれが活きやすいかも?
そしてこれらの馬は全て5番人気以下であったので人気薄なら尚更注意

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソウルスターリング、メジャーエンブレム
昨年と一昨年は単勝オッズ2倍台の1番人気で先行脚質であった馬が勝利
つまりある程度レースの圧は前に掛かったと思われ
リスグラシュー(父ハーツクライ、母方欧州配合)
ウインファビラス(父ステイゴールド)
サンデーでもスタミナ型である父を持つ馬2頭がそれぞれ2着に入りました

逆にその前の14年は1番人気だったロカがキャリア1戦で後ろからの競馬
前に圧が掛からなかったのでしょう
斬れ特化のディープインパクト産駒であるショウナンアデラが勝利し
2着にも万能型でG1で強いキングカメハメハ産駒(レッツゴードンキ)が2着に入りました

今年はロックディスタウンの1番人気が予想されてます
ソウルスターリングやメジャーエンブレムに比べると同じルメール騎手であっても
そこまで前を主張するとは過去2走からは思い難いんですよね
前に圧が掛かりにくそうであるのでスタミナ型というよりは斬れや万能型の血統に分があるか?
ただロックディスタウンの過去2走の2.3着馬は割と重めの血統馬を連れてきては居ますが(笑)
 

オルフェーヴルの産駒傾向って何か特徴ある?

 
ロックディスタウン(札幌2歳ステークス)
ラッキーライラック(アルテミスステークス)
今年の阪神ジュベナイルフィリーズはこの2頭の重賞勝ち馬が人気になりそう

その2頭の共通点はオルフェーヴルを父に持つという事
まだまだデータが少ない新種牡馬のオルフェーヴルですが
それでもいくつか面白い傾向はあるのでそれをここで紹介しておくことにします
 
 

これは芝レースにおける枠番別成績


これは芝レースにおける人気別成績


これは芝レースにおける距離別成績


これは芝レースにおける前走距離別成績

これをまとめると
◎何となく最内&外目の成績が悪く中枠の成績が良い印象
◎1番人気で意外と苦戦している
◎1800mの成績が良く2000mで勝ち切れてない。非根幹向き?
◎勝ってはないものの短縮臨戦の反応が良い

こんな感じになるでしょうか
サンプルが少ない中で目立つところをpickupしておきましたので参考にどうぞ
 

抽選対象馬で最注目馬は?

 
母ブエナビスタ、祖母ビワハイジがこのレースの勝ち馬であるソシアルクラブでしょう!
ビワハイジの娘であるジョワドヴィーヴルもこのレース勝ってますから
これは”阪神ジュベナイルフィリーズ血統”と認定(笑)

まだキャリア1戦の馬なんですがその新馬戦の映像がこちら

当日は総じてかなり内が伸びる馬場でした
そんな中でもうこれは映像を見てもらったら分かるんですが
直線外に持ち出すのに一度ロスがあり、さらにそこから凄い所=外目から差し切ってます

この日は京都大賞典が行われたんですが
勝ったスマートレイアーは内差しで2着トーセンバジルも先行内から粘り込み
1番人気で3着に負けたシュヴァルグランが外を回してのものでした

ですからこれはひょっとしたらとんでもない馬かも!?

初重賞挑戦での好走率も非常に高い一族でもありますし
抽選に是非とも漏れていただきましょう(笑)非常にめんどくさいからです
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  2. オークス2017 出走予定馬と展望

  3. 京都金杯2017 予想

  4. 中山記念2017 出走予定馬と展望

  5. 凱旋門賞2017 日本馬含め確定した出走馬と展望

  6. 大阪杯2017 予想

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る