menu
閉じる
  1. 京都大賞典 2017 予想
  2. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  2. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  3. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  4. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  5. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  6. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  7. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  8. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  9. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
  10. アハルテケSに安芸Sなど2018年6月9日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想

 
12月10日(日)阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想です
 
 
阪神JFこと阪神ジュベナイルフィリーズは芝1600mで行われる2歳牝馬によるG1レース
7週連続G1シリーズの第5戦という事になりますね

来春の桜花賞と同じ舞台での競馬となる為にクラシックへ向けての重要な一戦
2010年以降はここを勝ち桜花賞を勝った馬はいませんが
以前はアパパネ、ブエナビスタらが阪神JFを制し桜花賞も制しております

今年は重賞勝ち馬3頭が顔を揃えてその3頭がそのまま上位人気を形成しそうなムード
だったんですがその内ファンタジーS勝ち馬であったベルーガが故障で離脱
結局のところその重賞勝ち馬2頭が1.2番人気に支持される形に

1番人気はロックディスタウン
前走札幌2歳ステークスで牡馬を蹴散らしてますしルメール騎手は同レース3連覇が懸かります

2番人気はラッキーライラック
前走アルテミスステークス勝ち馬で石橋脩騎手はビートブラック以来のG1制覇なるか?

共に新種牡馬オルフェーヴル産駒という共通点があります
 
ロックディスタウン、ラッキーライラック以下の人気は
リリーノーブル、ソシアルクラブ、マウレア、サヤカチャン、コーディエライトの順

そんな阪神ジュベナイルフィリーズ2017の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
週中にはこんな記事もアップしております
興味のある方はここから入ってみて覗いてやって下さい
↓で予想してる馬以外の馬の事もたっぷりと触れてあるので


 

これは過去10年における阪神ジュベナイルフィリーズ1~3着馬の父と母父が分かるもの

09年、10年、12年と非サンデー系種牡馬であるクロフネ産駒が馬券になった時もありましたが
13年以降はサンデー系種牡馬が圧倒してますね
そして一つ特徴的なのはそのサンデー系種牡馬で前走との間隔が2~4週と詰まってた馬
この臨戦の馬がかなり苦戦しているという事ですかね
まあ頭の片隅くらいでこれはいいとは思いますが。。
それ位このレースは母方も含めて血統傾向でこれといった特徴が見当たらんのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソウルスターリング、メジャーエンブレム
昨年と一昨年は単勝オッズ2倍台の1番人気で先行脚質であった馬が勝利
つまりある程度レースの圧は前に掛かったと思われ
リスグラシュー(父ハーツクライ、母方欧州配合)
ウインファビラス(父ステイゴールド)
サンデーでもスタミナ型である父を持つ馬がそれぞれ2着に入り
レーヌミノル(父ダイワメジャー、母方スピード持続力配合)
ブランボヌール(父ディープインパクト、母方バクシンオー×ミスプロ)
3着がスピード能力に長けた血統構成馬でした
 
逆にその前の14年は1番人気だったロカがキャリア1戦で後ろからの競馬
前に圧が掛からなかったのでしょう
斬れ特化のディープインパクト産駒であるショウナンアデラが勝利し
2着にも万能型でG1で強いキングカメハメハ産駒(レッツゴードンキ)が2着に入りました

今年はロックディスタウンが1番人気を背負う形に
ソウルスターリングやメジャーエンブレムに比べると同じルメール騎手であっても
そこまで前を主張するとは過去2走からは思い難いんですよね
ロックディスタウン自体が今回短縮臨戦で且つ大外枠を引いたんで尚更
という訳で今年は
前に圧が掛かりにくそうであるのでスタミナ型というよりは斬れや万能型の血統に分があり
血統傾向に偏りがあまり見られないレースなんでこのように決め付けてしまいたいと思います
 

予想に入る前にオルフェーヴル産駒に特徴ってあるの?

 
今年の阪神ジュベナイルフィリーズはロックディスタウンとラッキーライラック
この人気2頭が新種牡馬オルフェーヴル産駒であるというのが大きな特徴
まだまだデータが少ない新種牡馬のオルフェーヴルですが
それでもいくつか面白い傾向はあるのでそれをここで紹介しておくことにします


これは芝レースにおける枠番別成績


これは芝レースにおける人気別成績


これは芝レースにおける距離別成績


これは芝レースにおける前走距離別成績

これをまとめると
◎何となく最内&外目の成績が悪く中枠の成績が良い印象
◎1番人気で意外と苦戦している
◎1800mの成績が良く2000mで勝ち切れてない。非根幹向き?
◎勝ってはないものの短縮臨戦の反応が良い

こんな感じになるでしょうか
サンプルが少ない中で目立つところをpickupしておきましたので参考にどうぞ
 

阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想

 
◎はソシアルクラブにしました
父キングカメハメハはキングマンボ系種牡馬
過去このレースの産駒成績は【1.1.0.4】でアパパネが勝ちレッツゴードンキが2着
今回前に圧が掛かりにくそう万能型の種牡馬であるので分はありそう
芝重賞では間隔を開けるほどに成績がアップする種牡馬でもあるので
前走新馬戦から9週と余裕を持った臨戦というのはプラスに働きそう
そして何と言ってもこの血統は”阪神ジュベナイルフィリーズ血統”
母ブエナビスタ、祖母ビワハイジ、そしてビワハイジの娘であるジョワドヴィーヴル
それぞれがこのレースの勝ち馬ですし初重賞挑戦での好走率も高いのがこの一族
そしてまだキャリア1戦の馬なんですがその新馬戦の映像がこちら

当日は総じてかなり内が伸びる馬場でした
そんな中でもうこれは映像を見てもらったら分かるんですが
直線外に持ち出すのに一度ロスがあり、さらにそこから凄い所=外目から差し切ってます
この日は京都大賞典が行われたんですが
勝ったスマートレイアーは内差しで2着トーセンバジルも先行内から粘り込み
1番人気で3着に負けたシュヴァルグランが外を回してのものでした
この内容に底知れぬものを感じたので単勝7~8倍台はリスクのほうが大きいかもしれませんが
自分の節穴の目(笑)とこの血統を信じてみたいと思います

ロックディスタウンはオルフェーヴル産駒
産駒傾向として1番人気で苦戦するキャラだけに1番人気は嫌な感じはするんですが
過去2走共にこの馬は1番人気なんですよね
札幌2歳Sと新馬戦共に外を回す競馬で連勝
道中行きたがる面も見せてたのでやっぱり短縮臨戦は良い方に出るような気がします
実際産駒の短縮臨戦も勝ち切れてはいませんが好数字ですしね
揉まれた経験もないですし産駒の最内枠の数字があまり良くなくて
内枠なら評価下げようかと思ってたら蓋を開ければ大外でこれ以上評価は落とせなかった
Storm Cat×Miningの配合はスピード特化された配合
祖母ローミンレイチェルはゼンノロブロイの母であります

▲はマウレア
過去このレースで【2.1.1.7】という成績であるディープインパクト産駒
近2年と違い今回そこまで前に圧が掛からなそうなら
3年前同じ父であったショウナンアデラが勝った時のように斬れを誘発する可能性は十分考えておきたい
新馬戦は多頭数内枠、前走赤松賞は少頭数外枠
共にスローでしたが異なる条件でもいずれも馬込みを苦にしなかった経験は大きいかと
ですからこの内枠でも心強いですしディープですから一瞬の脚があるので抜けてこれる
Storm Cat×Affirmedの母方はパワーとスピードに長けた米国配合
間隔が3週と詰まり気味な分だけやや評価を落としましたが
4頭出走してるディープインパクト産駒では唯一となるここが初重賞で鮮度十分

ラッキーライラックも父がオルフェーヴル
同じ父であるロックディスタウンとレースを見て比較した時に
強さからいけばロックディスタウンのほうにそれを感じましたので印の順列はこんな結果に
ただここまでのオルフェーヴル産駒の傾向からいけばこっちなのかなという気も
新馬もアルテミスSも好位抜け出しという競馬で2連勝
懸念とすれば揉まれた時がどうなるか!?だったのですがやや外寄りの枠と
両サイドの馬がさほど出して行く馬でもないので挟まれる事もなく好位を取れると判断
Flower Alley×Seattle Slewの母方はスピード能力に長けた配合で
半兄ラルクこそイマイチでしたが近親にはミッキーアイルにアエロリット
共に先行策でG1を制した馬ですからすんなり運べるならば

×コーディエライトはダイワメジャー産駒にOut of Place×Star de Naskraの母方は米国配合
つまり前に圧が掛からないレースならこのスピード能力に長けた構成は見逃せない
リズムもずっと良いのに今回人気落ちとボンセルヴィーソパターン期待

×ラテュロスはディープインパクト産駒でTouch Gold×Gilded Timeの母方は米国配合
前走重賞を使ってた1勝馬のディープ産駒はこのレース【0.0.0.4】と苦戦はしております
ただこれも前に圧が掛からないレースならこの血統構成は見逃せないんですよね
 

予想印と買い目

 
ソシアルクラブ
○ロックディスタウン
▲マウレア
△ラッキーライラック
×コーディエライト
×ラテュロス

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー▲のワイド
◎▲ー◎○▲ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定

  2. マーメイドステークス2017 予想

  3. スプリングステークス2017 予想

  4. 天保山ステークス2017 予想

  5. マーチステークス2017 予想

  6. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る