menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 秋華賞2016 予想
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 府中牝馬ステークス2016 予想
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 阪神メイン仁川ステークスなど2018年2月24日土曜の競馬予想
  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  3. 小倉大賞典 2018 予想
  4. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  5. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  6. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  7. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  8. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  9. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

阪神カップ2015 出走予定馬と先行予想

 
今週土曜阪神メインは阪神カップ2015
 
 
ビッグアーサー、ウリウリ、ダンスディレクター、ロサギガンティア他20頭が出走予定
 
 
【阪神カップ2015出走予定馬と血統表】
阪神カップ2015出走予定馬
 
ニシノラッシュ、ゼロスの2頭が除外対象になっております
 
 
昨年・一昨年はリアルインパクトが連覇し12年はファイナルフォームが3着
この条件でもディープインパクト産駒の好調さが目に付きます
中でもディープインパクト産駒&外人騎手とのパターンは【2.0.1.1】で唯一の着外も4着
 
そして父サンデー系と母方に欧州血統を持つ馬の血統構成馬もよく馬券になっております
 
あとは距離延長馬が不振で距離短縮馬が圧倒的に強い傾向なのも見逃せません
 
 
ビッグアーサーはサクラバクシンオー産駒で前走1200mから距離延長
バクシンオー産駒はグランプリボスとリザーブカードの2頭が
当レースで馬券になっておりまずまず
ですが・・やはり気になるのは距離延長になる点
バクシンオー産駒の1400m重賞成績は短縮>同距離>延長という順だけに
自身初の1400mでどうか?
 
ウリウリはディープインパクト産駒で母母父Rainbow Cornerがレッドゴッド系で欧州ナスルーラ
この馬も前走がスプリンターズSだったので延長臨戦になりますが
ディープ産駒の1400m古馬重賞で前走から延長だった馬の成績は【0.0.0.4】
全ての1400m重賞でも延長だった馬の成績が【0.0.1.6】と不振
 
人気になりそうな2頭が延長臨戦なのでちょっと荒れるのに期待してみたくなります
 
 
アルマワイオリ
クラレント
サンライズメジャー
スマートオリオン
ダイワマッジョーレ
ダノンシャーク
ニシノラッシュ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの7頭
 
 
この中で最も注目してるのがアルマワイオリで次点がスマートオリオン 
 
アルマワイオリは前走マイルCSからの距離短縮
父マツリダゴッホはサンデー系で
母父ピルサドスキーはダンチヒ系ながら欧州寄りのノーザンダンサー
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 信越ステークス2015 予想

  2. 函館2歳ステークス2015 予想

  3. 福島記念2015 予想

  4. マイルチャンピオンシップ2015 予想

  5. 日本海ステークス2015 予想

  6. 富士ステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る