menu
閉じる
  1. 有馬記念2015 予想
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

阪神ジュべナイルフィリーズ2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜阪神メインは阪神ジュべナイルフィリーズ2015
 
 
メジャーエンブレム、キャンディバローズ、ブランボヌール、アットザシーサイド他27頭が出走予定
 
 
【阪神ジュべナイルフィリーズ2015出走予定馬と血統表】
阪神ジュべナイルフィリーズ2015出走予定馬
 
アンシエルワープ、クラシックリディア、ゴッドカリビアン、ジュエラー、シーブリーズラブ
ソルヴェイグ、ハマヒルガオ、ペプチドサプル、レッドシルヴィ
以上の9頭が残り1頭の出走枠を巡って抽選対象に
 
ダイアモンドノームが除外対象になっております
 
 
昨年の阪神ジュべナイルフィリーズは1頭しか居なかったディープインパクト産駒が勝利(ショウナンアデラ)
過去にもハープスター・ジョワドヴィーヴルが馬券になってるので
当然ながらディープインパクト産駒は要注意になってくるでしょう
 
そしてこのレースの血統傾向ですが
 
◎ノーザンダンサーのクロス
◎ミスプロ(ネイティヴダンサー)のクロス
◎ステイゴールド産駒
◎トニービン
 
近年だとこの4ついずれかに該当する馬がよく走っております
そしてこれらの血に加えてパワー型の血も併せ持つ馬に注目したいと思います
 
 
メジャーエンブレムはダイワメジャー産駒でノーザンダンサーのクロス持ち
ただ母方はオペラハウス×Rainbow Questという欧州配合なんでパワーの血は不足気味
阪神1600m重賞だとダイワメジャーは
ディープインパクト・ステイゴールド・キングカメハメハより成績が劣るのがここでどう出るか!?
 
キャンディバローズ、ブランボヌール、メジェルダの3頭がディープインパクト産駒
そしてこの3頭は前走ファンタジーSの上位組という事になります
いずれもが母方にパワー型の血を持つ馬でその中でノーザンダンサーのクロスを持つのがメジェルダ
 
 
アットザシーサイド
アドマイヤリード
キャンディバローズ
クロコスミア
ジュエラー
ソルヴェイグ
ブランボヌール
メジェルダ
メジャーエンブレム
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの9頭
 
 
この中で最も注目してるのがアットザシーサイドで次点がアドマイヤリード 
 
アットザシーサイドはキングカメハメハ産駒というのもいいでしょうし
母父アグネスタキオンもこのレース父として相性抜群の血
そして出走予定馬の中で唯一ネイティヴダンサーのクロスを持ってる馬でもあります
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 富士ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  2. 福島記念2015 予想

  3. 有馬記念2015 ゴールドシップ危うし!?中山2500mの血統デ…

  4. サウジアラビアロイヤルカップ2015 予想

  5. 中京記念2015 予想

  6. ターコイズステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 08日

カテゴリー

ページ上部へ戻る