menu
閉じる
  1. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
閉じる
閉じる
  1. 小倉大賞典2017 予想
  2. フェブラリーステークス2017 予想
  3. 京都牝馬ステークス2017 予想
  4. ダイヤモンドステークス2017 予想
  5. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  7. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  8. 京都記念2017 予想
  9. 共同通信杯2017 予想
  10. クイーンカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

平安ステークス2016 予想

 
5月21日(土)京都競馬場ダ1900mで行われる平安ステークス2016の予想です
 
 
以前は1月の京都1800mダートで行われていた平安ステークス
それが13年からこの条件に変更されました
 
今年の1番人気はアスカノロマンで前走アンタレスステークス2着馬
実は昨年・一昨年と前走アンタレスステークス好走馬が1番人気に推されてましたが凡走
13年は逆に前走アンタレスステークス勝ち馬だった二ホンピロアワーズが1番人気で勝利
 
今年はどっちに転ぶのでしょうか!?
 

平安ステークス2016の見解

 
母方がミスタープロスペクターのクロスであるクリノスターオーが2年連続で馬券に
13年3着ナムラタイタンも父・母父がミスタープロスペクター系
 
インカンテーション、ローマンレジェンド、ワイルドフラッパー
この3頭はヴァイスリージェントの血を持っての好走
 
ダート重賞だけあってベタにパワーが強調されてる血を狙ってみたいレース
 

平安ステークス2016の予想

 
◎はドコフクカゼにしました
父ワイルドラッシュはワイルドアゲイン~二アークティックの系統でパワー型
そして母父フレンチデピュティがヴァイスリージェント系
前走が4角先頭の競馬から今回短縮臨戦で差しに回る位置取りショックが掛かれば・・
 
○はアスカノロマン
父はアグネスデジタルで母方がStorm Cat系×ヴァイスリージェント系の配合
アグネスデジタルは京都1800mダートが最も数字が良いんですが
そこからたった100m延びるだけの京都1900mダートに関してはあまり成績が芳しくありません
その分だけ評価を落とした分この印ですが血統的にはパワーはかなり強調されてるかと
 
▲にクリソライト
父がサンデー系ゴールドアリュールで母父エルコンドルパサー
なんでさほどパワーは強調されてませんが
このゴールドアリュールは京都1900mダートは得意条件
ゴールドアリュールの全妹を母に持ってたソロルが14年に2着と好走してますし
 
△トップディーヴォは母父Deputy Ministerがヴァイスリージェント系
父はキングカメハメハで産駒は13年にナイスミーチューが同レース2着してます
 

平安ステークス2016の予想印と買い目

 
ドコフクカゼ
○アスカノロマン
▲クリソライト
△トップディーヴォ
×ブライトアイディア
×ラインルーフ
×アムールブリエ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エンプレス杯2016 予想

  2. TCK女王盃2016 予想

  3. ヴィクトリアマイル2016 予想

  4. ヴィクトリアマイル2016 先行馬の好走血統

  5. ローズステークス2016 予想

  6. 菊花賞2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る