menu
閉じる
  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 秋華賞2016 予想
  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命

 
5月19日(土)京都競馬場で行われる平安ステークス2018の予想です

平安ステークスは古馬限定のダート重賞でありまして
2013年より1月からこの時期に施行時期も変わり距離も1900mに変更されました

そんな2013年以降の勝ち馬の顔触れは
グレイトパール、アスカノロマン、インカンテーション、クリノスターオー、二ホンピロアワーズ
グレイトパールとクリノスターオー以外はそれまでに中央でのG1実績があった馬

今年はそのG1実績馬であるテイエムジンソクと昨年の当レース勝ち馬グレイトパール
この2強対決に注目が集まりますが現時点ではグレイトパールのほうが人気が上

以下、クイーンマンボ、サンライズソア、ミツバ、ナムラアラシという人気順に

そんな平安ステークス2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去5年における平安ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

金曜から土曜にかけて天気予報が悪いのでひょっとしたら道悪の可能性も!?
実は過去5年は全て良馬場施行になってるんですよね
まあ道悪になったらガラッと変わるかもしれませんが
ひとまず良馬場での傾向で探っていきたいと思います
 
 
父系にあまり偏った傾向は見られないと思うんですが

クリソライト
マイネルバイカ
クリノスターオー
インカンテーション
ワイルドフラッパー
ナムラタイタン

これら人気より着順が上だった馬が揃って持ってた血が母父ミスプロ系
至極当然とも言えるんでしょうがやはりダート重賞なんでこの血が活きるんでしょう

しかもこの血を含めなんですが米国血統が強調されてる配合馬がバンバン走ってます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めてテイエムジンソクが走ったレースの血統傾向を見ておきます

これはずっとやってきてるので飽き飽きしてる方もおられるかもしれませんが
改めて見ておく=復習というのも大切かと思うので

テイエムジンソクは基本的に前々で競馬する馬
従って人気を二分しそうなグレイトパールが居るもののレースの圧は多少なり前に掛かりそう
実はこの馬が走った近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりします

18フェブラリーS

18東海S

17チャンピオンズカップ

17みやこS

17エルムS

17マリーンS

17大沼S

17東大路S

これが明らかに本格化した昨年の東大路S以降におけるテイエムジンソクが走った時の1~3着馬の血統

デピュティミニスターの血をよく相手に連れてきているというのもあるんですが
(シニスターミニスター、カネヒキリ、カジノドライヴの父達もデピュティミニスター内包種牡馬)

ここで最も注目したいのは父か母父がサンデー系の血
全てのレースで相手に連れてきておりしかもそのどれもが4番人気以下の人気薄であります
そしてコパノリッキーとモルトベーネ以外は全てレースで上がり3位以内の脚を使ってた馬

テイエムジンソクが前で圧を掛ける分だけ
速い上がりを使える馬=サンデーの血が食い込みやすくなるという仮説を立ててみたくなります

テイエムジンソクが支配するレースではこんな血統馬が結果を出しやすくなる
こんな視点で考えてみるというのも面白いと思うんですがね
 

平安ステークス2018の予想

 
雨は既に上がってますが稍重スタート(もっと悪いかと思ってましたが)
どこまで回復してくるか?微妙ですが・・ある程度過去の傾向に沿ってもよさそう
 
 
◎はテイエムジンソクにしました
おそらく今回はグレイトパールが1番人気のまま推移しそう
ならば母父フォーティナイナーがミスプロ系ですので人気以上=1着の期待が
父が米国型ノーザンダンサー系であるクロフネなんで米国血統が強調もされてます
前走1600m&前走G1(フェブラリーS)と共に異端臨戦の形にもなりますし
アップ戦だったエルムSとチャンピオンズCが前走から着を落としてダウン戦だった東海Sを勝利
そして前走フェブラリーSはその東海Sからアップ戦で惨敗
これは東海Sで逃げてしまった後(=つまり楽)でさらにマイルのハイペースに巻き込まれた面も
結構な苦を感じる状況になったというのなら説明もつきやすい
今回は間隔開けて苦を味わった後のダウン戦ならタイミング的には悪くなさそう
 
 
○はグレイトパール
まあ別にケチを付けるような所が見当たらないので
唯一気になったのが前走から5週という間隔でしょうか
昨年の当レースは10週としっかり間隔を開けてたので
父が前走との間隔が開いてるほうが走る傾向のあるキングカメハメハなんでね
 
 
▲はナムラアラシ
サンデーの血こそ持ってませんがこのレースと相性良い系統である母父
それに加え父も米国血統ですから配合的に米国血統が強調された馬
昨年のアンタレスS以降延長臨戦は3回あって2回馬券圏内
僅か100mですが延長というのはこの馬にとってはいいのかもしれない
ちょっとゆったりする分より一層差し脚が発揮出来る期待はあり
 
 
ミツバは父カネヒキリがサンデー系種牡馬
テイエムジンソクが走るレースで期待出来るサンデーの血を持つ馬
前走はかなりシビアなペースだった中で動いていった内容は評価したくなります
 
 
コスモカナディアンの父はロージズインメイで米国血統のヘイロー系
母方を含めた配合自体そこまで米国血統が強調とまではいかないんですが
ロージズインメイ産駒は重賞では芝ダ問わずとにかく内枠特注
タイミングも交互っぽいリズムを刻んでるので狙ってみたいですね
 

予想印と買い目

 
テイエムジンソク
○グレイトパール
▲ナムラアラシ
△ミツバ
△コスモカナディアン

買い目は
◎→○の馬単
◎ー▲△△の馬連
◎○ー▲△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. かしわ記念 2018 予想

  2. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望

  3. オークス2018 出走予定馬と展望

  4. 目黒記念 2018 予想 本命は連覇期待でフェイムゲーム

  5. 京都記念 2018 予想

  6. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアン…

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る