menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
閉じる
閉じる
  1. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  2. 函館2歳ステークス 2017 予想
  3. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  5. ジャパンダートダービー 2017 予想
  6. 七夕賞 2017 予想
  7. プロキオンステークス 2017 予想
  8. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  9. スパーキングレディーカップ2017 予想
  10. 七夕賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

兵庫チャンピオンシップ2017 予想

 
5月4日(木)園田競馬場ダート1870mで行われる兵庫チャンピオンシップ2017の予想です
 
 
兵庫チャンピオンシップは3歳馬限定で行われる地方交流重賞
この後のユニコーンステークスやジャパンダートダービーを見据える馬達の戦いといったところ
 
2000年と2001年に地方所属馬が勝ってるんですが
それ以降はJRA所属馬が連続で勝ちまくってるレース
今年もその流れが続くのか?地方所属馬がストップをかけるのか?
 
クイーンマンボ、シゲルコング、ノーブルサターン、タガノディグオ、リゾネーター
今年はこの5頭がJRA所属馬としてこのレースに参戦
 
そんな兵庫チャンピオンシップ2017の発走時刻は15:55になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
昨年は1~3着独占、一昨年はワンツーフィニッシュ
サンデー系種牡馬の活躍ぶりが目立つレースになりますかね
 
あとは1870mという距離で行われる事もあってか?米国血統が強調されてる馬が苦戦気味
対して母方に欧州血統やロベルトの血を持つ馬が毎年のように馬券に絡んでるのも特徴
 
データ的には中山1800m伏竜ステークス好走馬、阪神1800m勝ち馬
このあたりの実績ある馬が上位に来る傾向もありますね
東京や京都よりややタフさが問われるところでの実績がここには繋がりやすいのかも?
 

兵庫チャンピオンシップの予想

 
◎はクイーンマンボにしました
父はマンハッタンカフェなんでサンデー系種牡馬
母父シンボリクリスエスがロベルト系で母母父がキングマンボで欧州寄りミスプロ系
阪神1800mで2戦2勝ですし傾向的にはバッチリ
 
○はリゾネーター
父Blameはロベルト系でBCクラシック勝ち馬
Tabasco CatにSaratoga Sixの母方は米国配合なんでかなり米国血統が強調されてます
前走伏竜ステークスは楽勝でしたが傾向的には◎クイーンマンボのほうが合うのでこの評価
期待値からも負けるほうに賭けた方が・・・
 
▲はタガノディグオ
父エンパイアメーカーはミスプロ系ですが母父タニノギムレットがロベルト系
母母父はスタミナ型サンデー系のダンスインザダークですから母方は割と合いそうな配合
前走阪神1800ダートを勝ってるのも良いでしょう
 

予想印と買い目

 
クイーンマンボ
○リゾネーター
▲タガノディグオ
 
買い目は
◎の単
◎ー○の馬連
◎○▲の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ニュージーランドトロフィー2017 出走予定馬と展望

  2. 函館スプリントステークス2017 予想

  3. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望

  4. ファルコンステークス2017 出走予定馬と展望

  5. 阪神牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

  6. 京都記念2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る