menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. 有馬記念2015 予想
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アイビスサマーダッシュ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜新潟メインレースはアイビスサマーダッシュ2016
 
 
すっかり夏の風物詩となったアイビスサマーダッシュも今年で第16回目となりました
直線1000mという唯一無二の重賞舞台
 
今年は連覇を狙ってベルカントが出走予定
そのベルカントもそうでしたが過去5年で1番人気が4勝しておりなかなかの信頼度
 
今年はどの馬が1番人気に推されるでしょうか!?
 
そんなアイビスサマーダッシュ2016出走予定馬は18頭(全馬出走可能になっております)
 

アイビスサマーダッシュ2016の出走予定馬と血統表

 
アイビスサマーダッシュ2016出走予定馬
 

アイビスサマーダッシュの血統傾向

 
昨年こそアドマイヤマックス産駒が馬券になりましが(2着)
基本的にサンデー系種牡馬は苦戦傾向であることは頭に入れておきたいところ
 
好走率が非常に高いのはノーザンダンサー系種牡馬
ミスプロ系種牡馬もまずまず馬券に絡んできてますね
 
あとはスピード持続力に長けたテスコボーイ・ボールドルーラーといった血もよく走ってます
 
これは血統とは関係ありませんが
前走1000m組は意外と不振で前走1200m組が最も好走率が高い傾向
 

アイビスサマーダッシュ2016有力馬の考察

 
ベルカントは昨年のこのレース勝ち馬だけに多くを語る必要はないかもしれませんが・・
父サクラバクシンオーはテスコボーイ系でこのレースで複数産駒が馬券に
そしてボストンハーバーがボールドルーラー系
血統的には文句なしで前走1200mからの臨戦もgood
 
ネロの父ヨハネスブルグはノーザンダンサー系種牡馬
一昨年2着フクノドリームと同じ父という事になりますね
新潟直1000は【2.2.0.0】で得意な舞台ではありますが
ここへ向けての臨戦という意味では前走1000mを使ってるのはあまり惹かれませんが・・・
 
プリンセスムーンはアドマイヤムーン産駒なんでミスプロ系
3年前のこのレース同じアドマイヤムーンを父に持つハクサンムーンが勝っております
この馬も前走1000mであるんですが・・・
 

アイビスサマーダッシュ2016出走予定馬で気になる馬

 
アースソニック
アットウィル
ネロ
ハッシュ
フレイムヘイロー
ベルカント
 
この6頭の中で最も注目してるのがハッシュで次点がアットウィル
 
まず2頭共に前走1200mからの臨戦というものに好感が持てます
 
ハッシュの父コマンズはノーザンダンサー系種牡馬でダンチヒ系
近年ダンチヒ系種牡馬の出走自体が少ないですが
第1回のアイビスサマーダッシュがダンチヒ系のワンツーフィニッシュだったので悪くないかと
 
アットウィルの父アドマイヤムーンはミスプロ系
母母父Capoteかボールドルーラー系
プリンセスムーンも同じ父ですがアドマイヤムーンならこっちかな?
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ファルコンステークス2016 予想

  2. フェブラリーステークス2016 予想

  3. ジャパンカップ2016 出走予定馬と展望

  4. 北九州記念2016 予想

  5. シルクロードステークス2016 予想

  6. 中京記念2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る