menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望
  2. 高松宮記念2017 予想
  3. マーチステークス2017 予想
  4. 日経賞2017 予想
  5. 毎日杯2017 予想
  6. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  7. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  8. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  9. フラワーカップ2017 予想
  10. スプリングステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アイビスサマーダッシュ2016 予想

 
7月31日(日)新潟競馬場芝1000mで行われるアイビスサマーダッシュ2016の予想です
 
 
もうすっかりこの時期の名物重賞となったアイビスサマーダッシュ
直線1000mという唯一無二の重賞舞台ですからね
 
実は今年のアイビスサマーダッシュ登録馬が出た段階で強烈に狙ってみたい馬が居ました
それがハッシュだったんですが小倉メインの佐世保ステークスに回ってしまいガックシ
 
出走馬も近年はなかなかフルゲート(18頭)まで集まらず今年も13頭で少なめ
そんな中で今年も人気を背負うのが昨年の勝ち馬ベルカント
昨年もデムーロに乗り替わりで勝ちましたが今回も同じパターン
 
なかなかやる気が湧いて来ないんですが(笑)
 
そんなアイビスサマーダッシュ2016の発走時刻は15:45になっております
 

アイビスサマーダッシュ2016の見解

 
昨年こそアドマイヤマックス産駒が馬券になりましが(2着)
基本的にサンデー系種牡馬は苦戦傾向であることは頭に入れておきたいですね
 
そして近年好走率が非常に高いのはノーザンダンサー系種牡馬
ミスプロ系種牡馬もまずまず馬券に絡んできてる印象
 
あとはスピード持続力に長けたテスコボーイボールドルーラーといった血もよく走ってます
 
データ的には前走1000m組は意外と不振で前走1200m組が最も好走率が高い傾向
 

アイビスサマーダッシュ2016の予想

 
◎はアットウィルにしました
父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系
同じ父を持つハクサンムーンが勝ってますしパドトロワも父がフォーティナイナー系でした
そして母母父Capoteがボールドルーラー系
前走1200mからの臨戦も魅力ですしね
 
○はアースソニック
2年連続3着に来てる条件なんで今年も走ってくれるかな?と期待
父クロフネはノーザンダンサー系種牡馬
母父サクラユタカオーがテスコボーイ系
 
▲はベルカント
父サクラバクシンオーがテスコボーイ系で母父ボストンハーバーがボールドルーラー系
もちろん昨年の勝ち馬なんで血統的にはピタリ
 
穴っぽいところなら△フレイムヘイロー
昨年の本命馬なんですが(笑)父キングヘイローがノーザンダンサー系種牡馬
母母父Smileがインテント系なんですがこのインテント系もこのレースで相性良い血の一つ
2走前の直線競馬がイマイチだったので期待薄かもしれませんが・・・
 
人気のネロは父ヨハネスブルグがノーザンダンサー系種牡馬
それはいいんですがやはり前走1000mからの臨戦が引っ掛る分だけ押さえまで
 

アイビスサマーダッシュ2016の予想印と買い目

 
アットウィル
○アースソニック
▲ベルカント
△フレイムヘイロー
×ネロ
 
買い目は
◎ー○のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 凱旋門賞2016 予想

  2. 佐賀記念2016 予想

  3. 阪神大賞典2016 予想

  4. 函館記念2016 予想

  5. 中山記念2016 出走予定馬と先行予想

  6. 天皇賞春2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る