menu
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念 2018 予想 本命は血統にとことん拘ってダンビュライト
  2. 宝塚記念 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  3. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  4. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  5. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  6. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  7. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  9. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  10. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜新潟メインレースはアイビスサマーダッシュ2017
 
 
アイビスサマーダッシュは直線1000mで行われる3歳以上のレース
唯一無二となる直線での重賞で夏の新潟の名物となっております
尚、アイビスサマーダッシュはサマースプリントシリーズの第3戦として行われます
 
過去5年の勝ち馬は
16年 ベルカント
15年 ベルカント
14年 セイコーライコウ
13年 ハクサンムーン
12年 パドトロワ
連覇したベルカントは牝馬でそれ以外の馬は牡馬ですが
このレースは牝馬が強くて12年パドトロワが勝つまで実に7連勝しておりました
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【4.0.0.1】と強し
13年から昨年まで4連勝中になっております
 
今年の1番人気はフィドゥーシアかな?ネロかな?といったところ
フィドゥーシアは前走前哨戦となる韋駄天ステークスを勝利し2連勝
ネロは昨年の2着馬で京阪杯以来となる勝利を目指すかたち
 
フィドゥーシア、ネロの他に主な登録馬は
アクティブミノル、シンボリディスコ、レッドラウダ、プレイズエターナルらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
アイビスサマーダッシュ2017出走予定馬は18頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

 
これは過去10年におけるアイビスサマーダッシュ1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
サンデー系に関しては赤色で色分けしてるんですが
このレースは全重賞の中で最もサンデーの血が有効になりません!
これだけサンデーの血が増えてきても近年だと父または母父に持つ馬が1頭馬券になる程度
よって狙いは父と母父にサンデーの血が入ってない馬になります
 
その中でも注目はテスコボーイボールドルーラーといったスピード持続力に長けたナスルーラの血
ストームキャットヴァイスリージェントダンチヒといったスピードあるノーザンダンサーの血
 

有力馬の考察

 
フィドゥーシアの父はMedaglia d’Oroで欧州ノーザンダンサーのサドラーズウェルズ系
一見重そうに見えてスピード勝負はどうなん?という気もしますが
同じ父が欧州ノーザンダンサー系のファルブラヴ産駒が複数馬券になっており
決めつけはよくないかも・・
母父サンデーというのは食指が動きませんが母母父がダンチヒ
このレースはリズム重視で前走着順が良い馬が走りやすい傾向にありますがこの馬は連勝中
ただ前走1着馬に限ると過去5年で【0.0.2.8】
 
ネロはヨハネスブルグ産駒でノーザンダンサー系種牡馬でストームキャット系
今回は約半年ぶりという休み明けでもかなり長めの部類
シルクロードSはスプリンターズSを頑張りさらに重馬場だった京阪杯を圧勝した後で
さすがにお釣りが残ってなかったという捉え方も出来そう
そんな意味で間隔を開けたのはいいんでしょうが58㎏を背負ってどこまで動けるか?
この馬も母父がサンデーで母母父がダンチヒ
 
アクティブミノルの父はスタチューオブリバティでストームキャット系
母父アグネスタキオンはサンデー系で重賞では間隔を開けた方が成績良好
前走3着だったCBC賞は8週の間隔でしたが今回はそこからなんで4週と詰まり気味
前走逃げた馬は過去5年で【2.2.0.6】と数字的にはいいんですが
好走した4頭は前走重賞で人気>着順もしくは人気=着順だった馬で
その分この馬は8番人気3着と激走後になるのがどうでしょうか
 

出走予定馬で気になる馬

 
シンボリディスコ
ナリタスターワン
ラインスピリット
レジーナフォルテ
 
この4頭の中で最も注目してるのがレジーナフォルテで次点がシンボリディスコ
 
レジーナフォルテは父がアルデバラン2でミスプロ系種牡馬
ミスプロ系種牡馬もちょこちょこ馬券にはなってるのでそう相性は悪くないはず
そして母父ボストンハーバーがボールドルーラー系でナスルーラの血
前走1着というのはデータ的にはあんまりですが・・
何と言っても51㎏というスピードを生かせる斤量は魅力
もうバレてるでしょうが(笑)デビュー3戦目でここへの適性をかなり示してますし
 
シンボリディスコは一昨年の2着馬で父アドマイヤマックスがサンデー系
ただ母方のサクラバクシンオー(テスコボーイ)×ボールドルーラー系という配合は魅力
前走2着ということでリズムもいいですしね
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. みやこステークス 2017 予想

  2. フェアリーステークス2017 予想

  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬

  4. 金鯱賞2017 予想

  5. 七夕賞 2017 予想

  6. アハルテケステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る