menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. 有馬記念2015 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  2. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  3. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  4. フローラステークス2017 予想
  5. マイラーズカップ2017 予想
  6. 福島牝馬ステークス2017 予想
  7. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  8. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  9. 東京スプリント2017 予想
  10. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ジャパンカップ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースはジャパンカップ2016
 
 
今週のG1レースはジャパンカップで7週連続G1シリーズの第3戦
ジャパンカップは自分もそうですがJC(ジェイシー)という略称で言う事が多いですかね
今でこそ海外馬がいろんなレースに出走するようになりましたが
元祖というべきレースはこのジャパンカップで国際招待競走になっております
 
名立たる名馬がこのレースで勝利を収めてますが近年で強いのは実は牝馬でありまして
ショウナンパンドラ、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカ
最近ではこれらの牝馬が勝っており
ジェンティルドンナは連覇でしたしブエナビスタも実質連覇
13年はジェンティルドンナ→デニムアンドルビーの牝馬ワンツーフィニッシュでした
 
今年はビッシュ、ルージュバック、外国馬ナイトフラワーの3頭が牝馬では参戦
上で挙げた馬に比べると今年はやや小粒感が否めないような気も・・
 
そして牡馬の注目馬は4歳トップクラスのキタサンブラックとリアルスティール
昨年の菊花賞以来となる久々の対決になります
 
もちろん昨年の有馬記念勝ち馬ゴールドアクターも注目ですかね
 
3歳ではディーマジェスティも参戦
皐月賞馬で3歳トップクラスのこの馬が古馬初挑戦となるここでどんな競馬を見せるのか!?
 
天皇賞秋組の参戦は少なめですがG1勝ち馬が6頭に海外馬が3頭とメンバーは揃った印象
 

ジャパンカップ2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%972016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
 
ジャパンカップ2016出走予定馬は21頭
 
トーホウジャッカル、トウシンモンステラ、ジャングルクルーズの3頭が除外対象になっております
 

ジャパンカップの血統傾向

 
ここでも昨年まで4年連続で馬券になってるのがディープインパクト産駒
通算成績は【3.2.1.6】なんで複勝率は50%とハイアベレージ
 
そのディープインパクト産駒で馬券になった馬の母方を見ると
ミスプロまたはダンチヒにフレンチデピュティといったパワー型ノーザンダンサー系
こんな血を持つ馬がよく走ってるのは頭に入れておきたいところ
母父欧州ノーザンダンサー系だったミッキークイーンにハープスターが人気を裏切ってるので
母父は重いよりも軽さのある方がベターかもしれません
 
でも今年に限ってはキタサンブラックがレースを支配するはずなので
違った結果の可能性もあるという認識は頭の中に入れておいても良さそう
 
そしてディープインパクト産駒を除いたサンデー系種牡馬の期待値は低めになっております
 
ディープインパクト産駒以外では過去10年で3勝してるロベルト系種牡馬に注目
 
あと注目血統はグレイソヴリンノーザンテーストになるでしょうか
 

ジャパンカップ2016有力馬の考察

 
リアルスティールはこのレースで相性抜群のディープインパクト産駒
母父はStorm Catはパワー型ノーザンダンサー系で血統的にはケチのつけどころはなし
前走天皇賞秋は上がり1位でしたが前走上がり1位だったディープインパクト産駒は【1.1.1.0】
7番人気2着と激走した前走の疲労さえなければといったところ
 
キタサンブラックはブラックタイド産駒でサンデー系種牡馬
母父サクラバクシンオーで菊花賞と天皇賞春を勝ってる時点で
もう血統だけで語ってはいけない馬(笑)
基本ディープ以外のサンデー系種牡馬は苦戦傾向ですが・・・
その母父サクラバクシンオーがノーザンテースト内包種牡馬
 
ゴールドアクターの父スクリーンヒーローはロベルト系種牡馬
父自身がこのレースの勝ち馬でもありますね
過去10年でロベルト系種牡馬は【3.1.0.7】となかなかに好相性
母方の血統は地味ではあり東京2400mでこそ!というイメージは湧きにくい馬ですがね
 

ジャパンカップ2016出走予定馬で気になる馬

 
イラプト
キタサンブラック
ゴールドアクター
ディーマジェスティ
シュヴァルグラン
トーセンバジル
ビッシュ
リアルスティール
ルージュバック
 
この9頭の中で最も注目してるのがディーマジェスティで次点がキタサンブラック
 
ディーマジェスティはディープインパクト産駒
ディープにしては一瞬の脚というよりも長くいい脚を使うタイプなのかなと
それは母方のブライアンズタイム×サドラーズウェルズという重厚な配合からきてるのかも
そういう意味で過去傾向からすればやや厳しいきらいはあるんですが
今年はキタサンブラックがレースを支配するはずで
近走キタサンブラックが出走したレースでは欧州血統であるグレイソヴリンの血を持つ馬
そしてディープでは母父エルコンドルパサーの馬が好走と重たい血を相手に連れてくる傾向
そんな所から今回は古馬相手でも大いにチャンスはあるような気がしてるんです
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 小倉2歳ステークス2016 予想

  2. ダービー卿チャレンジトロフィー2016 予想

  3. 富士ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. 京都2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 新潟2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  6. 京阪杯2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. 展望ブログいつもありがとうございます。
    グレイソヴリンとノーザンテーストのキーワードから
    キタサンブラック+レインボーライン+ハーツ産駒のシュヴァルグラン、フェイムゲームに着目しました。
    アルゼンチンの動画から、馬群に入ってスムースな競馬ができなかたフェームは、馬券目線でみるとかなり魅力的な存在でした。アルゼンチンで優勝したシュヴァルグランは、脚の回転が速く感じられ、後ろ髪ひかれる感はありましたが、
    ノーザンテースト×プリンスリーギフトがキタサンにあったので、その血を持つ馬優先の馬券選択でした。
    「獲れました」の報告のできない不肖な読者ですが、menkさんのブログの展望にブレを感じませんし、大好きです。
    これからも頑張ってください。

      • menk
      • 2016年 11月 29日

      >antena(アンテナ)さん

      キタサンブラック強かったですね
      結局ディーマジェスティは散々で予想はいいとこなく終わってしまいました
      大した的中もないのにいつも申し訳ありません
      とりあえず細々とやっていきますのでこれからも御贔屓にしてもらえるよう頑張ります

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る