menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 秋華賞2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 香港国際競争 2017 ヴァーズ.スプリント.マイル.カップ 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想
  3. カペラステークス 2017 予想
  4. 中日新聞杯 2017 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. カペラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. 中日新聞杯2017 出走予定馬と展望
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走予定馬と展望
  9. チャンピオンズカップ 2017 予想
  10. チャレンジカップ 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースはジャパンカップ2017
 
 
ジャパンカップは芝2400mで行われる3歳以上のG1レース
7週連続G1シリーズの第3戦でJCという略称で言う事が多いですかね
今でこそ海外馬がいろんなレースに出走するようになりましたが
元祖というべきレースはこのジャパンカップで国際招待競走になっております

昨年はキタサンブラックが逃げ切って勝ちましたが今年も連覇を狙って参戦
もしここを勝つとG17勝目となりますが果たして!?

そして菊花賞をパスしてここに挑んできたのがダービー馬であるレイデオロ
3歳馬で勝てば12年のジェンティルドンナ以来になります

近年すっかり空気な存在になってしまっている外国馬
アイダホ
イキートス
ギニョール
ブームタイム
今年はこの4頭が出走しいずれも人気薄になりそうですが激走があるのか?ないのか?
 
今年の主な登録馬はキタサンブラック、レイデオロ、外国馬4頭以外に
サトノクラウン、ソウルスターリング、シュヴァルグラン、マカヒキ、サウンズオブアースらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

ジャパンカップ2017出走予定馬は19頭(フルゲートは18頭)
 
レインボーラインが除外対象馬になってましたがタンタアレグリア回避により出走可に
つまり全馬出走可能になっております(トーセンバジルも回避という情報あり)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるジャパンカップ1~3着馬の父と母父が分かるもの

12年~15年まで4年連続で馬券圏内に入っていたディープインパクト産駒
しかし昨年は4頭出走して最高はリアルスティールの5着と馬券圏外に
これに関しては強い先行馬であるキタサンブラックがレースを支配したからという理由付けも
このあたりは後で触れてみようと思いますが
ディープインパクト産駒が得意とする瞬発力勝負にさせてくれないという面もあるのかなと

そして何と言っても注目したいのがトニービンの血
ハーツクライ産駒は2頭(シュヴァルグラン・ジャスタウェイ)馬券になっておりますが
ハーツクライがトニービン内包種牡馬
父の父がトニービンのジャングルポケット産駒も複数馬券に
ラブリーデイにルーラーシップも母方にトニービンを持ってましたから
持続力に長けた欧州血統でとにかく昔から東京2400mG1で強い血であります

母方に関しては欧州配合というよりも軽さ=スピードのある血を持ってる方が近年はベストか
キタサンブラックはバクシンオーにボールドルーラー系
サウンズオブアースも母母父がボールドルーラー系
シュヴァルグラン、ラストインパクト、トーセンラーは母父ミスプロ系
ショウナンパンドラは米国型ノーザンダンサー系の母父フレンチデピュティ
 
あと血統とは関係ないんですが・・
とにかくこのレースはノーザンファームと社台ファームの大運動会
ノーザンファーム生産馬→叩き2走目
社台ファーム生産馬→叩き3走目
臨戦の傾向を見るとこのパターンでの好走が目に付きました
今回出走馬で間隔開けた臨戦馬(10週以上)は居ないので少しは参考にする手も
 

キタサンブラックが走ったレースの血統傾向

 
前走天皇賞秋こそ序盤の位置取りが後ろになりましたが
今回キタサンブラックは逃げるかどうかは分からないものの前々で競馬するのは確実か?
実はこの馬が走った近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです
(先週マイルCSのマルターズアポジーでうまくいった?のもあるので←当たってませんが)
 
17天皇賞秋

17宝塚記念

17天皇賞春

17大阪杯

16有馬記念

16ジャパンカップ

 
これが昨年のJC以降におけるキタサンブラックが走った時の1~3着馬の血統

ディープインパクト産駒の通算成績が【1.1.2.21】
やっぱりこの馬がレースを支配し前で圧を掛ける分だけなかなか斬れ勝負になりにくい
これを如実に表したディープインパクト産駒の成績ではないでしょうか

馬券になった種牡馬を見ていくとやっぱりタフなスタミナ寄りの血統馬が良いイメージ
母方は欧州というよりはスピード型の血統が良さそう

キタサンブラックが支配するレースではこんな血統馬が結果を出しやすくなる
こんな考え方もありなのかもしれませんよ
 

(小ネタ)前走天皇賞秋組ってどうなん?

 
今回は不良馬場で行われた天皇賞秋組の上位馬が揃って参戦してきました(全部で9頭)
そこで過去10年のG1で道悪=重・不良だった時の1着~3着に限定した次走成績を出してみました
きっかけは「単純に重たい馬場で走った後に反動が出てるんやろか?」と思ったので
血統とは関係ありませんがこれもヒントになるのかなと・・
 
17秋華賞

14安田記念

13菊花賞

13エリザベス女王杯

12エリザベス女王杯

11日本ダービー

09日本ダービー

08宝塚記念

07スプリンターズステークス

07高松宮記念

 
ほとんどの馬が次走で間隔を開けた臨戦(10週以上)になってるんですが
9週以内と間隔を詰めてた馬の次走成績は明らかに良くない様な気がしませんか!?
そして間隔開いてる開いてない関係なく次走もG1で馬券になったのはモズカッチャンのみ

今年の天皇賞秋は不良といっても近年記憶がない位の極悪馬場でのもの
キタサンブラック
サトノクラウン
レインボーライン
そこで上位に入ったこの3頭・・少なからず頑張った反動というものは考えておいたほうがいいのかも
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アーリントンカップ2017 予想

  2. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  3. 弥生賞2017 予想

  4. 新潟大賞典2017 予想

  5. オーシャンステークス2017 予想

  6. アメリカジョッキークラブカップ2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る