menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. 有馬記念2015 予想
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. 秋華賞2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

日本ダービー2016 血統データ~母方に持ってると相性良い血

 
ボチボチと週末が近付いてきて本日は日本ダービー2016の枠順が早くも発表されました
パッと見の印象ではやや内枠に有力馬が集まった感じがします
 
2冠を狙うディーマジェスティは1枠1番の最内をゲット
1番人気が予想されるマカヒキは2枠3番
 
昨年まで3年連続で馬番3番以内の馬が1頭は馬券になっておりこの2頭は最高の枠に入ったかも!?
 
 
さて今回は種牡馬(父)ではなく母方の血に目を向けてみようかと
というのも近年日本ダービーでとにかく相性良い血があるので!
 

近年の日本ダービーで母方にミスプロを持ち馬券になった馬

 
15年3着 サトノクラウン(母父・母母父)
14年2着 イスラボニータ(母母父)
12年3着 トーセンホマレボシ(母母父)
11年3着 ヴィクトワールピサ(母父)
09年1着 ロジユニヴァース(母母父)
09年2着 リーチザクラウン(母母父)
09年3着 アントニオバローズ(母父)
 
サトノクラウンの母父はMiswakiの系統で母母父はMachiavellianの系統
イスラボニータの母母父はCrafty Prospector
トーセンホマレボシの母母父はCrafty Prospector
ヴィクトワールピサの母父はMachiavellian
ロジユニヴァースの母父はMachiavellian
 
ミスプロの中でもMiswaki・Machiavellian・Crafty Prospectorの血が何故だか?相性抜群
 
サトノラーゼンも母父がミスプロ=Crafty Prospector内包しており
ディープブリランテは4代母方にMiswakiを持ってました
 

近年の日本ダービーで母方にダンチヒを持ち馬券になった馬

 
14年1着 ワンアンドオンリー(母母父)
14年3着 マイネルフロスト(母母父)
12年2着 フェノーメノ(母父)
09年1着 ロジユニヴァース(母父)
08年1着 ディープスカイ(母父)
 

まとめ

 
ミスプロ・ダンチヒというのはパワーに寄った血
そしてスピードも兼ね備えるイメージがありますね
 
近年の日本ダービーでは母方にサポートとしてこれらの血を持つ馬が走りやすくなってるのでは?
 

日本ダービー2016出走馬で母方に上で挙げた血を持つ馬

 
ロードクエスト(母父ダンチヒ系)
サトノダイヤモンド(母父ダンチヒ系)
マウントロブソン(母父ミスプロ系)
ヴァンキッシュラン(母父GalileoがMiswaki内包)
プロディガルサン(母父ミスプロ)
 
この中で1頭でも好走してくれればこのデータが浮かばれるんですが果たして?
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. レパードステークス2016 予想

  2. 根岸ステークス2016 予想

  3. 大阪杯2016 出走予定馬と先行予想

  4. 中日新聞杯2016 予想

  5. 安田記念2016 予想

  6. マーメイドステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 27日
  2. 2016年 5月 27日

カテゴリー

ページ上部へ戻る