menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. ホープフルステークス2016 予想
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2017 予想
  2. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  3. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  4. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  5. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  6. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  7. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  8. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  9. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  10. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

JBCクラシック2016 予想

 
11月3日(木)川崎競馬場ダート2100mで行われるJBCクラシック2016の予想です
 
 
JBC競争のトリを飾るのがクラシック
JBCクラシックが川崎で施行されるのは2006年と2012年以来で3度目になります
 
昨年はコパノリッキーが勝ち連覇を決めましたが今年も出走してきたので3連覇なるか!?
もし3連覇となればアドマイヤドン・ヴァーミリアンに続き3頭目の快挙になります
 
そしてここは何といってもJRA所属馬が分厚い!
ノンコノユメ、アウォーディー、サウンドトゥルー、ホッコータルマエ
コパノリッキーを含めたこの5頭が相当有力候補になってくる事でしょう
 
そんなJBCクラシック2016の発走時刻は16:40になっております
 

JBCクラシック2016の見解

 
2006年1着 タイムパラドックス(母父Alzao)
2006年2着 シーキングザダイヤ(父Storm Cat)
2006年3着 ボンネビルレコード(父アサティス、母父マルゼンスキー)
2012年1着 ワンダーアキュート(父カリズマティック)
2012年2着 シビルウォー(母父Sadler’s Wells)
 
06年と12年に川崎2100mで行われた時に馬券になったこの5頭でありますが
父か母父にノーザンダンサーの血を持っての好走でした
 
16年関東オークス 2頭
16年エンプレス杯 1頭
16年川崎記念 1頭
同距離重賞でもあるこれらのレースでも父か母父にノーザンダンサーを持つ馬が馬券に
 
あとは父がパワー型種牡馬の活躍も過去と同距離重賞の重賞結果から見受けられます
 

JBCクラシック2016の予想

 
◎はサウンドトゥルーにしました
父フレンチデピュティがノーザンダンサー系で且つパワー型種牡馬
短縮臨戦より延長臨戦のほうがどちらかといえば成績は上回っており楽しみ
 
〇アウォーディーは上で挙げた血を持ってるわけではないものの
半妹アムールブリエは川崎2100mダート【2.0.2.0】で複勝率100%
やや遠いですが母母父サドラーズウェルズがノーザンダンサー系であります
 
▲はノンコノユメ
父トワイニングがフォーティナイナー系でミスプロという事はパワー型種牡馬
 

JBCクラシック2016の予想印と買い目

 
サウンドトゥルー
○アウォーディー
▲ノンコノユメ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. JBCレディスクラシック2016 予想

  2. 根岸ステークス2016 出走予定馬と先行予想

  3. 根岸ステークス2016 予想

  4. アイビスサマーダッシュ2016 予想

  5. マーキュリーカップ2016 予想

  6. 函館スプリントステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月 03日

カテゴリー

ページ上部へ戻る