menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  6. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

JBCレディスクラシック2016 予想

 
11月3日(木)川崎競馬場ダート1600mで行われるJBCレディスクラシック2016の予想です
 
 
JBC競争の初っ端を飾るのがレディスクラシック
JBCレディスクラシックが川崎で施行されるのは2012年以来で2度目になります
 
昨年は3歳馬ホワイトフーガが古馬を蹴散らし圧勝しましたが今年は!?
 
そのホワイトフーガが連覇を狙って出走
迎え撃つのが前走レディスプレリュードでホワイトフーガを破ったタマノブリュネット
初ダートとなるレッツゴードンキの参戦も注目されますね
 
そんなJBCレディスクラシック2016の発走時刻は15:10になっております
 

JBCレディスクラシック2016の見解

 
12年に川崎1600mで行われた時の勝ち馬ミラクルレジェンドの血統が
フジキセキ×ヴァイスリージェント系×ストームバード
 
これと参考にしたいのが同距離重賞となるスパーキングレディーカップと全日本2歳優駿
 
フジキセキはサンデー系の血ですが
今年のスパーキングレディーカップに昨年の全日本2歳優駿共にサンデーの血を持つ馬が勝利
 
そしてヴァイスリージェントを含めてダンチヒの血がよく活躍してるところから
パワー型ノーザンダンサー系も相性良い血と言えそうです
 

JBCレディスクラシック2016の予想

 
◎はレッツゴードンキにしました
これは期待値込みになりますが・・母父マーベラスサンデーがサンデー系
キングカメハメハ産駒自体ダート替わりは特に問題なし
と言いますか・・逆に近親や母マルトクからしてもダートでこそ狙ってみたい血統
母母父がダート適性高いジェイドロバリーというのも良さそうです
 
○ホワイトフーガは母父フジキセキがサンデー系
父クロフネがヴァイスリージェント系でパワー型ノーザンダンサー系
前々走同条件を勝ってますし前走から2㎏減の斤量も魅力
前走1番人気2着でストレスもなさそうですしね
 
▲はブルーチッパー
父母父がダンチヒで母母父がヴァイスリージェント系
成績見ると延長よりは短縮臨戦のほうが向きそう
それならば前走1800m→1600mの臨戦は良さそうに思えます
 

JBCレディスクラシック2016の予想印と買い目

 
レッツゴードンキ
○ホワイトフーガ
▲ブルーチッパー
△トロワボヌール
△タマノブリュネット
 
買い目は
◎ー○▲の馬連(1,100円的中)
◎○ー▲△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 菊花賞2016 予想

  2. 函館2歳ステークス2016 予想

  3. 中山記念2016 血統分析~ポイントは路盤改修

  4. 武蔵野ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 大阪城ステークス2016 予想

  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月 03日

カテゴリー

ページ上部へ戻る