menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  10. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
閉じる
閉じる
  1. 日経新春杯 2018 予想
  2. 京成杯 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  5. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  6. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  7. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  8. 中山金杯 2018 予想
  9. 京都金杯 2018 予想
  10. シンザン記念2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

JBCスプリント2015 予想

 
11月3日(火)大井競馬場1200mで行われるJBCスプリント2015の予想です
 
 
今年は大井1200mという条件で施行されるJBCスプリント
通年大井1200mで行われる地方交流重賞は東京盃と東京スプリントの2つ
 
その2つのレースのここ2年間の傾向なんですが
良馬場の時はサンデー系優勢で湿るとバリバリのパワー血統優勢
 
JBCスプリントが大井で行われたのが最近だと2011年
この時は良馬場で2着が父サンデー系で3着がサクラバクシンオー産駒
つまり良馬場だと芝向きのスピードが問われそうなんですが・・・
 
昨日が不良馬場だったので多少乾いてもこの時期なんで良馬場までは見込めずおそらくは湿った馬場
よってパワー血統に張った予想でいってみようかと
 
 
◎はベストウォーリア
父Majestic Warriorはエーピーインディ系で母父Mr. Greeleyはミスプロ系
米国産馬でもあるのでバリバリのパワー血統
この馬は距離延長【3.1.0.4】より距離短縮【4.0.2.1】のほうが成績が良い馬
今回は1600mからの距離短縮になりますし距離短縮時に一度着外だったのはチャンピオンズカップで1800m
今回は新馬以来の1200mになりますが長い距離よりは短い距離の方がいい馬なんで
 
○はダノンレジェンド
父Macho Uno×母父Storm Catで米国産馬なんでこちらもバリバリのパワー血統
 
▲はコーリンベリー
父サウスヴィグラスはフォーティナイナー系で母父ミシックトライブもミスプロ系というパワー配合
 
 
【JBCスプリント2015予想】
ベストウォーリア
○ダノンレジェンド
▲コーリンベリー
△ポアゾンブラック
△ドリームバレンチノ
 
買い目は
◎→○の馬単
◎→○▲→○▲△△の3連単
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 札幌日刊スポーツ杯2015 予想

  2. スプリンターズステークス2015 予想

  3. エーデルワイス賞2015 予想

  4. 金鯱賞2015 予想

  5. 長岡ステークス2015 予想

  6. 浦和記念2015 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る