menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  2. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  4. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  5. 種牡馬メモについて
  6. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  7. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  8. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  9. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

JBCスプリント2015 予想

 
11月3日(火)大井競馬場1200mで行われるJBCスプリント2015の予想です
 
 
今年は大井1200mという条件で施行されるJBCスプリント
通年大井1200mで行われる地方交流重賞は東京盃と東京スプリントの2つ
 
その2つのレースのここ2年間の傾向なんですが
良馬場の時はサンデー系優勢で湿るとバリバリのパワー血統優勢
 
JBCスプリントが大井で行われたのが最近だと2011年
この時は良馬場で2着が父サンデー系で3着がサクラバクシンオー産駒
つまり良馬場だと芝向きのスピードが問われそうなんですが・・・
 
昨日が不良馬場だったので多少乾いてもこの時期なんで良馬場までは見込めずおそらくは湿った馬場
よってパワー血統に張った予想でいってみようかと
 
 
◎はベストウォーリア
父Majestic Warriorはエーピーインディ系で母父Mr. Greeleyはミスプロ系
米国産馬でもあるのでバリバリのパワー血統
この馬は距離延長【3.1.0.4】より距離短縮【4.0.2.1】のほうが成績が良い馬
今回は1600mからの距離短縮になりますし距離短縮時に一度着外だったのはチャンピオンズカップで1800m
今回は新馬以来の1200mになりますが長い距離よりは短い距離の方がいい馬なんで
 
○はダノンレジェンド
父Macho Uno×母父Storm Catで米国産馬なんでこちらもバリバリのパワー血統
 
▲はコーリンベリー
父サウスヴィグラスはフォーティナイナー系で母父ミシックトライブもミスプロ系というパワー配合
 
 
【JBCスプリント2015予想】
ベストウォーリア
○ダノンレジェンド
▲コーリンベリー
△ポアゾンブラック
△ドリームバレンチノ
 
買い目は
◎→○の馬単
◎→○▲→○▲△△の3連単
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 神戸新聞杯2015 予想

  2. クイーンステークス2015 予想

  3. 菊花賞2015 近年好調な3つの主要な血統

  4. 紫苑ステークス2015 予想

  5. マイルチャンピオンシップ2015 出走予定馬と先行予想

  6. 京王杯2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る