menu
閉じる
  1. 有馬記念2015 予想
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ジューンステークス2017 予想

 
6月17日(土)東京競馬場芝2000mで行われるジューンステークス2017の予想です
 
 
ジューンステークスは3歳以上の1600万条件戦で本日の東京メインレース
 
3歳馬の出走もなく頭数も11頭と寂しくはなりましたが・・
何と実績馬であるプロディガルサンが降級でここに出走してきました!
鞍上にはルメールを迎えて当然のように1番人気に推される事でしょう
 
そんなジューンステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解

 
当然ここはプロディガルサンから入るか?否か?になるんでしょうが・・
今回プロディガルサンは前走マイラーズカップから1600万条件という事で降級戦に
 

 
この表はディープインパクト産駒で前走重賞を使ってた馬のクラス別成績
赤枠で囲ったのは今回のプロディガルサンと同パターンつまり前走重賞→今回1600万条件の成績
複勝率は良いんですが勝率&連対率はそれほどでもなく
数字的には降級戦でもこのクラスになると期待値はそんなに高くないのかなと・・

 
だったら本命は別の馬から行ってみたくなります
 

ジューンステークス2017の予想

 
◎はドレッドノータスにしました
前走が休み明け&少頭数&ダウン戦とハービンジャー産駒が走れそうなタイミングで1着
だったらここは狙い難いような気もするんですが(笑)
ただ今回はアップ戦でも引き続き少頭数ですし揉まれにくい外枠で相殺ならんかと
 

そしてこれはハービンジャー産駒の東京2000mクラス別成績ですが
クラスが上がるほどに成績が良くなる傾向が見受けられるんですよね
今回1600万条件への出走は初めてになるんですが期待してみたいと思います
 
○はディープインパクト産駒のスモークフリー
前走は中山でしたが当時の中山開催はディープ産駒が非常に成績が悪く馬場が重かった印象
それでもこの馬はそこで3着でしたし間隔開けて東京替わりで
 
▲はさすがにプロディガルサン
もう一つ評価出来なかったのはディープ×ストームキャットの配合でして
どうしてもこの配合は古馬になると1800m以下に良績が集中しがちなので
 

予想印と買い目

 
ドレッドノータス
○スモークフリー
▲プロディガルサン
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎ー○のワイド
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中山記念2017 出走予定馬と展望

  2. 愛知杯2017 予想

  3. 中山金杯2017 出走予定馬と展望

  4. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  5. 京成杯2017 予想

  6. 函館スプリントステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る