menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. 秋華賞2016 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  3. オークス2017 予想
  4. 平安ステークス2017 予想
  5. オークス2017 出走予定馬と展望
  6. ヴィクトリアマイル2017 予想
  7. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
  10. NHKマイルカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

かきつばた記念2017 予想

 
5月3日(水)名古屋競馬場ダート1400mで行われるかきつばた記念2017の予想です
 
 
かきつばた記念は古馬混合戦で行われる地方交流重賞
2017年の今年からハンデキャップ戦に変更されておりますのでご注意を
 
今から3年前の2014年に兵庫所属のタガノジンガロが地方馬として勝ってますが
それ以外の年の近年はJRA所属馬が勝ちまくってるレース
今年もその流れが続くのか?地方所属馬がストップをかけるのか?
 
ドリームキラリ、タイニーダンサー、ショコラブラン、レーザーバレット、タムロミラクル
今年はこの5頭がJRA所属馬としてこのレースに参戦
 
トップハンデは58㎏のレーザーバレット
 
そんなかきつばた記念2017の発走時刻は16:10になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
昨年はサンデー系種牡馬のワンツーフィニッシュでしたが
3年前の勝ち馬タガノジンガロがキングカメハメハ産駒であった事も踏まえれば・・
芝でもやれそうな種牡馬を持つ馬というのがこのレースのキーになるのかも?
 
サンデーの血を持つ馬はセットでパワー型ノーザンダンサーの血を持ってたというのも特徴
 

かきつばた記念の予想

 
◎はラブバレットにしました
父はノボジャックなんでパワー型ノーザンダンサーにあたるヴァイスリージェント系
芝でもやれそうという意味ではちょっと違うかもしれませんが・・
それでも母父がサンデー系のバブルガムフェローという事で血統バランスは悪くないでしょう
前走は中央の根岸ステークスで3番手からの競馬とまだまだスピードのある所を見せて
今回はそこから実質ダウン戦で楽に感じるでしょうし3㎏減も魅力ですわな
 
○はショコラブラン
父クロフネがこちらもパワー型ノーザンダンサーにあたるヴァイスリージェント系
芝でもやれそうという意味ならこっちなんでしょうが
クロフネのダート重賞の期待値が低い分だけ一つ評価を落としました
母父サンデーサイレンスでもあるんですがね
 
▲はタイニーダンサー
この馬も父がサウスヴィグラスという事で芝のイメージではないんですが・・
それでも一昨年の勝ち馬コーリンベリーと同じ父でもありますし
この馬自身は反応薄いですがサウスヴィグラスの短縮で4㎏減なら期待しちゃいます
 

予想印と買い目

 
ラブバレット
○ショコラブラン
▲タイニーダンサー
△トウケイタイガー
△レーザーバレット
△タムロミラクル
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎○ー▲△△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 根岸ステークス2017 出走予定馬と展望

  2. スプリングステークス2017 予想

  3. 京都新聞杯2017 予想

  4. 日経新春杯2017 出走予定馬と展望

  5. 平安ステークス2017 予想

  6. アンタレスステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る