menu
閉じる
  1. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. チャンピオンズカップ2016 予想
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 秋華賞2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  3. オークス2017 予想
  4. 平安ステークス2017 予想
  5. オークス2017 出走予定馬と展望
  6. ヴィクトリアマイル2017 予想
  7. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
  10. NHKマイルカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

かしわ記念2017 予想

 
5月5日(金)船橋競馬場ダート1600mで行われるかしわ記念2017の予想です
 
 
かしわ記念は古馬同士で行われる交流G1レース
この時期にマイラーが出走可能なビッグレースがないに等しいからか
毎年JRA所属馬の一流どころが出走してきてハイレベルな争いが繰り広げられております
 
2011年に地方馬のフリオーソが勝ったのを最後に
2012年以降はJRA所属馬が5連勝中
 
コパノリッキー、モーニン、インカンテーション、ベストウォーリア、ブラゾンドゥリス、リッカルド
今年はこの6頭がJRA所属馬としてこのレースに参戦
余程の事がない限りは事実上この6頭の争いになってきそうではあります
 
そんなかしわ記念2017の発走時刻は16:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
血統的な偏りはあまり見られないレース
従ってどこを切り口にしていくか!?になってくるんですが・・・
 
前年で大井2000mやマイルチャンピオンシップ南部杯で好走してた馬がよく好走してる印象
前走フェブラリーステークス好走馬も馬券に絡んで来てますね
このあたりがこの舞台に繋がってくるレースになるのではないかと
 

かしわ記念の予想

 
◎はベストウォーリアにしました
父はMajestic Warriorでエーピーインディ系種牡馬
昨年3着、一昨年2着とこの馬自身も馬券になってますし
同系の父を持っていたテスタマッタなんかも好走しており相性は悪くない血統
前走フェブラリーステークス2着に昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯2着
なかなか勝ち切れない馬だけに頭(1着)の馬券は買い難いので買い方はキーになりそうですが
連軸という意味ではかなり信頼は出来そうな気はします
 
○▲は◎ベストウォーリアに先着出来る可能性を感じる馬をチョイス
ただどの馬も一長一短(笑)
 
○コパノリッキーは昨年1着時と全く同じローテーション
ただ昨年よりどのレースも着順・着差も落として差も広げられており能力落ちが気にはなります
一応昨年の大井2000m実績もありますし昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯勝ち
この枠でやる事は一つ=逃げてどこまでやってくれるか?
 
▲はブラゾンドゥリス
3代母ロジータの名牝の血がここに来てようやく出て来たか本格化の兆し
今回は延長臨戦且つアップ戦でこれは跳ね返された武蔵野ステークス時と同パターン
これが若干気にはなるんですが停滞したメンバーと勢いでカバーする可能性は十分
 

予想印と買い目

 
ベストウォーリア
○コパノリッキー
▲ブラゾンドゥリス
 
買い目は
◎ー○の馬連
◎○▲の3連複
◎←○▲の馬単
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 阪神牝馬ステークス2017 予想

  2. フローラステークス2017 予想

  3. 東京新聞杯2017 予想

  4. NHKマイルカップ2017 予想

  5. 知立特別2017 予想

  6. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る