menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. ホープフルステークス2016 予想
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

川崎記念2017 予想

 
2月1日(水)川崎競馬場ダート2100mで行われる川崎記念2017の予想です
 
 
川崎記念は今年初めてとなるダートグレード統一G1競争
一応、年始のダート最強馬決定戦という位置付けでもあるのが川崎記念
 
その川崎記念を昨年まで3連覇していたのがホッコータルマエですが昨年で引退
今年はどの馬が勝っても川崎記念初制覇という事になります
 
その中で最も注目になるであろう馬は昨年チャンピオンズカップを勝ったサウンドトゥルー
昨年のこのレースではホッコータルマエに僅か及ばず2着だったのでここは決めたいでしょう
 
それに待ったをかけたいのがケイティブレイブになりそう
 
この2頭以外のJRA馬が全てG1初挑戦となる馬
なかなかフレッシュな組み合わせになりましたね
 
そんな川崎記念2017の発走時刻は16:10になっております
 

川崎記念2017の見解

 
昨年まで3連覇していたホッコータルマエはキングマンボ系種牡馬の父キングカメハメハ
この馬以外にも3頭キングカメハメハ産駒は馬券になってるので
今回キングカメハメハ産駒は不在ですがもしキングマンボの血を持つ馬が居れば注目
 
そして父はパワー型種牡馬が強い傾向
これにプラスして母方に欧州血統(ノーザンダンサーやナスルーラ)の血を持つ馬が相性抜群
 

川崎記念2017の予想

 
◎はオールブラッシュにしました
父ウォーエンブレムはミスプロ系なんでパワー型種牡馬
前走1600万からの臨戦なんでアップ戦になるんですが・・・
【4.1.4.13】この数字はウォーエンブレム産駒の前走条件戦からの臨戦における重賞成績
芝とダート両方の成績になるんですが複勝率で40.9%と非常に高い数字
つまりアップ戦で期待値が高くなる種牡馬なんですよね(ちなみにダートは【1.0.1.3】)
しかも母母父がBlushing Groomなんで欧州ナスルーラ持ち
ポテンシャルには疑問ではありますが血統的にはいきなり狙ってみたいので本命に
 
○はサウンドトゥルー
父フレンチデピュティがヴァイスリージェント系でパワー型種牡馬
母母父が欧州ノーザンダンサーのリファール系
 
▲はケイティブレイブ
父アドマイヤマックスはサンデー系種牡馬にはなるんですが
産駒の2200m以上の成績は【0.0.0.19】(地方を除く)
前走2500mは明らかに適性外だったと思えるのでここは距離短縮で評価
 
△バスタータイプはメンバー中唯一となるキングマンボの血を母母父に
 

川崎記念2017の予想印と買い目

 
オールブラッシュ
○サウンドトゥルー
▲ケイティブレイブ
△バスタータイプ
 
買い目は
◎の単(1,820円的中)
◎ー○▲の馬連(1,760円的中)
◎ー○のワイド(530円的中)
◎○ー▲△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ヴィクトリアマイル2017 予想

  2. アンタレスステークス2017 予想

  3. 愛知杯2017 予想

  4. 鳴尾記念2017 出走予定馬と展望

  5. 皐月賞2017 出走予定馬と展望

  6. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る