menu
閉じる
  1. 府中牝馬ステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  5. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  6. 有馬記念2015 予想
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2017 予想
  2. 阪急杯2017 予想
  3. アーリントンカップ2017 予想
  4. 中山記念2017 出走予定馬と展望
  5. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  6. 小倉大賞典2017 予想
  7. フェブラリーステークス2017 予想
  8. 京都牝馬ステークス2017 予想
  9. ダイヤモンドステークス2017 予想
  10. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

キーンランドカップ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜札幌メインレースはキーンランドカップ2016
 
 
夏の札幌定番のスプリント重賞がキーンランドカップ
昨年は勝ち馬ウキヨノカゼが一昨年は2着馬レッドオーヴァルが
ここをステップに次のG1スプリンターズステークスで馬券になりました
そうなると秋の大一番に向けてここを好走した馬は注目馬になってきそうです
 
今年のキーンランドカップのメンバーですが前走函館スプリントステークス上位組が揃って参戦
これはなかなか珍しい事かもしれません
ソルヴェイグ、シュウジ、レッツゴードンキの3頭ですが今回は上位人気を形成しそう
 
そんなキーンランドカップ2016出走予定馬は14頭(全馬出走可能になっております)
 

キーンランドカップ2016の出走予定馬と血統表

 
キーンランドカップ2016出走予定馬
 

キーンランドカップの血統傾向

 
サンデー系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系
系統的にはこの3系統が父系では好調
 
母方で好走が目立つのは母父ミスプロ系
加えて欧州ノーザンダンサー系ボールドルーラー系も非常に好調
 
あとデータ的には
◎前走から間隔が詰まってる馬よりは間隔を開けて馬の好走率が高い
◎前走条件戦または前走G1組の好走率が高い
◎前走好走馬が信頼出来る
この3つを頭に入れておきたいところ
 

キーンランドカップ2016有力馬の考察

 
シュウジはキンシャサノキセキ産駒なんでサンデー系
前走1200mできっちりと変わり身を見せて2着
母父Kingmamboもミスプロ系ですしここは引き続き好走に期待出来そう
 
ソルヴェイグはダイワメジャー産駒なんでこちらもサンデー系
前走は12番人気で1着と驚きましたが・・さすがにここは人気になりそう
ただ母母父Caerleonは欧州ノーザンダンサー系ですし血統的には悪くない舞台かと
 
レッツゴードンキはキングカメハメハ産駒
キングカメハメハはミスプロ系ですがキングマンボ系はこのレースで結果を残してません
前走も3着なんで臨戦は悪くないんですが血統的に推し材料は少な目
 

キーンランドカップ2016出走予定馬で気になる馬

 
サトノルパン
シュウジ
ソルヴェイグ
ナックビーナス
ファントムロード
ブランボヌール
ホッコーサラスター
レッツゴードンキ
 
この8頭の中で最も注目してるのがブランボヌールで次点がシュウジ
 
ブランボヌールの父はディープインパクトでサンデー系
前走はNHKマイルカップだったので間隔は開けての参戦
そのNHKマイルカップは先行馬の中では逃げ切ったメジャーエンブレムは別格として
唯一といってもいいほどに3番手からよく粘ってました
距離短縮はプラスでしょうしG1からの臨戦も悪くはないように思えます
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. クイーンカップ2016 予想

  2. オークス2016 出走予定馬と展望

  3. 阪神大賞典2016 出走予定馬と先行予想

  4. 兵庫ジュニアグランプリ2016 予想

  5. エプソムカップ2016 予想

  6. 日経賞2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る