menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 京都大賞典 2017 予想
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  7. エリザベス女王杯 2017 予想
  8. 福島記念 2017 予想
  9. 武蔵野ステークス 2017 予想
  10. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

キーンランドカップ2015 予想

 
日曜札幌メイン・キーンランドカップ2015の予想です
 
 
【0.1.0.16】←これは過去5年におけるキーンランドカップでの父サンデー系成績
馬券になったのは昨年2着のディープ産駒レッドオーヴァルのみ
 
対照的に積極的に狙えそうなのが父ノーザンダンサー系を持つ馬
 
12年3着 テイエムオオタカ(ホワイトマズル)
11年1着 カレンチャン(クロフネ)
10年1着 ワンカラット(Falbrav)
10年3着 ベストロケーション(クロフネ)
09年1着 ビービーガルダン(チーフベアハート)※この馬は計3度馬券に
07年1着 クーヴェルチュール(ブラックホーク)
 
これらが近年のキーンランドカップで馬券になった父ノーザンダンサー系
09年は降着になったものの2着入線したモルトグランデも父War Chantがノーザンダンサー系でした
欧州・米国問わずノーザンダンサー系の血を引く種牡馬なら!って感じですね
 
つまりいわゆる”斬れるサンデー”よりは力の要る洋芝でのノーザンダンサー系種牡馬狙い
 
こんな傾向になってるので父サンデー系で上位独占された仕方なしのスタンスで挑みます
 
 
◎はエポワス
父ファルブラヴがノーザンダンサー系で10年勝ち馬ワンカラットと同じです
近親にバブルガムフェローが居る血筋でして昨年3着のマジンプロスパーが母父バブルガムフェロー
バブルガムフェローはリファール内包種牡馬ですがエポワスも4代ですが母方にリファール持ち
リファールはキーンランドカップでそこそこ相性良い血でもあります
 
○はレンイングランド
父クロフネがノーザンダンサー系でカレンチャン・ベストロケーションが過去馬券に
ピタリと思えた前走アイビスサマーダッシュで凡走・・・これが解せませんが
実績ある洋芝に戻って再度期待したい気持ちでして枠がもうちょい内ならねえ
 
▲はティーハーフ
父ストーミングホームはミスプロ系
母母父Beau Geniusがこのレース母方の血として相性良いボールドルーラー系
 
 
【キーンランドカップ2015予想】
エポワス
○レンイングランド
▲ティーハーフ
△ローブティサージュ
×⑤⑫⑬
 
買い目は
◎の単
◎-○▲△の3連複
○-◎▲のワイド
◎-○▲-×××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館2歳ステークス2015 予想

  2. 2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦 予想

  3. 阪神カップ2015 予想

  4. 菊花賞2015 出走予定馬と先行予想

  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?

  6. クイーンステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 30日
  2. 2015年 8月 30日
    トラックバック:競馬の魂

カテゴリー

ページ上部へ戻る