menu
閉じる
  1. エプソムカップ2016 予想
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 予想
  2. 日本ダービー2017 予想
  3. 日本ダービー2017 全頭の血統評価というか短評も
  4. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  5. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  6. オークス2017 予想
  7. 平安ステークス2017 予想
  8. オークス2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 予想
  10. 京王杯スプリングカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京王杯2歳ステークス2016 予想

 
11月5日(土)東京競馬場芝1400mで行われる京王杯2歳ステークス2016の予想です
 
 
京王杯2歳ステークスは
中央で行われる2歳限定の重賞としては3番目に長い歴史を持つ伝統的なレース
朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦という位置付けになりますね京王杯2歳ステークスは
 
過去にはグラスワンダー、コスモサンビーム、グランプリボスがここを勝った後に
朝日杯フューチュリティステークスを制した例もあり
 
今年の注目馬そして1番人気はレーヌミノル
小倉2歳ステークスを1秒ぶっちぎって勝った牝馬がここに参戦してきました
同距離牝馬重賞ファンタジーステークスが同日にあるにもかかわらずですからねえ
1998年ウメノファイバー以来の牝馬勝利なるか!?
 
そんな京王杯2歳ステークス2016の発走時刻は15:35になっております
 

京王杯2歳ステークス2016の見解

 
サンデー系種牡馬は基本的に苦戦傾向にある中
ダイワメジャー産駒キンシャサノキセキ産駒が複数好走してるのは見逃せないところでしょう
 
あとはパワー血統の血もよく走っており
中でもパワー型ノーザンダンサー系の血は要注意
 
それと母方にターントゥの血を持つ馬も結構馬券に絡んできてるのも見逃せないところ
 
ステップ的には前走同距離組の成績が良し
 

京王杯2歳ステークス2016の予想

 
◎はレーヌミノルにしました
父はこのレースと相性良いダイワメジャー産駒
さらに母父タイキシャトルはターントゥの系統になり血統的には人気でも仕方なしか
前走小倉2歳ステークスからの延長臨戦になりますが
延長臨戦の中でも前走小倉2歳ステークス組は過去5年で【1.0.1.1】と好相性
 
○はモンドキャンノ
父はこのレースと相性良いキンシャサノキセキ産駒
母父サクラバクシンオーは父としてこのレース複数好走馬を出しております
 
▲はタイムトリップ
父ロードアルティマはミスプロ系種牡馬でパワー血統
母父ホークアタックはロベルト系なんでターントゥの系統
さらに母母父シャーディーはダンチヒ系なんでパワー型ノーザンダンサー系
母方にダンチヒを持つ馬も11年~13年に3年連続で馬券になっている相性良い血
 

京王杯2歳ステークス2016の予想印と買い目

 
レーヌミノル
○モンドキャンノ
▲タイムトリップ
△タイセイブレーク
△ドウディ
△ディバインコード
△レヴァンテライオン
 
買い目は
◎ー○▲の馬連(930円的中)
◎ー▲のワイド
◎ー○▲ー▲△△△△の3連複(2,270円的中)
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 菊花賞2016 予想

  2. 阪神大賞典2016 出走予定馬と先行予想

  3. 宝塚記念2016 血統評価その2~ドゥラメンテ・ラブリーデイ他~…

  4. 京成杯オータムハンデ2016 改修後の中山1600m重賞で買いた…

  5. フラワーカップ2016 予想

  6. 函館2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る