menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 秋華賞2016 予想
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
閉じる
閉じる
  1. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  6. エリザベス女王杯 2017 予想
  7. 福島記念 2017 予想
  8. 武蔵野ステークス 2017 予想
  9. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京王杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京メインレースは京王杯2歳ステークス2017
 
 
京王杯2歳ステークスは芝1400mで行われる2歳馬限定の重賞レース
朝日杯フューチュリティステークス
阪神ジュベナイルフィリーズ
位置付け的には来月行われる2歳G1の前哨戦となります

昨年は1着モンドキャンノが朝日杯FS2着し2着レーヌミノルが阪神JF3着と
しっかりと前哨戦の役割を果たしたといった感じ
(それまではここの勝ち馬は結構2歳G1で苦戦してましたから)

アサクサゲンキ(小倉2歳ステークス)
カシアス(函館2歳ステークス)
注目はこの2頭のステークスウイナーの激突といったところでしょう
 
今年の主な登録馬はアサクサゲンキ、カシアス以外に
タイセイプライド、タワーオブロンドン、エントシャイデン、マイティーワークスらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

京王杯2歳2017出走予定馬は12頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における京王杯2歳ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
昨年は1~3着独占し一昨年はワンツーフィニッシュ
近年ではサンデー系種牡馬が走れるようになってきた傾向でしょうか

その中でも注目すべきはキンシャサノキセキ産駒
16年1着 モンドキャンノ
15年2着 アドマイヤモラール
14年2着 サフィロス
3年連続で馬券に絡んできてますから

次なら米国型ノーザンダンサー系ミスプロ系といった種牡馬
11年~14年まではこの系統の種牡馬が4連勝してました
昨年と一昨年こそ走らなかったですが注意はしておきたいところ

母方の血で相性良いのはターントゥの血
スピード持続力に長けた血=テスコボーイ・ボールドルーラー等も良く走ってます
そして面白いのは母方に欧州血統を持つ馬が1頭は馬券に食い込んで来てる点
 

有力馬の考察

タワーオブロンドン

父Raven’s Passはミスプロ系で自身BCクラシック勝ち馬
ただクイーンエリザベス二世Sを勝ってるように基本的には欧州で活躍した馬になります
Dalakhani×Sadler’s Wellsの母方は重い欧州配合
単純にミスプロ×母方欧州血統とすればここへの適性は悪くない感じ
あとはここまで”スローのよーいドン”の経験がないので
そうなった時にサンデー系種牡馬たちに対応出来るのか?
あと近3走全て外枠ばかりなんで例えば内に入ってスローになるとどうなるか?
 

アサクサゲンキ

父はStormy Atlanticでストームキャット~米国型ノーザンダンサー系種牡馬
産駒のデータが少ないんであくまでここからは参考程度になるんですが
1200m【3.3.1.4】1400m【0.0.0.2】1600m【1.3.1.4】
1800m【0.0.1.9】2000m【0.1.1.7】
これだけ見れば非根幹距離より根幹距離のほうが向いてるような傾向は出てますね
そして産駒の延長成績も芳しくないというデータも
Dixieland Band×Alydarの母方は米国色の強い配合というかこの馬米国産馬ですわ
 

タイセイプライド

父はヨハネスブルグなんでこの馬もストームキャット~米国型ノーザンダンサー系種牡馬
ヨハネスブルグの全体成績を見ると前走との間隔は開くより詰まってるほうが好成績
今回はダリア賞からなんで間隔が開いてるのに加えて
新潟1400m【4.3.5.14】東京1400m【3.1.1.47】
このヨハネスブルグ産駒成績からしても前走好条件から今回は確実に条件は悪そう
エルハーブ(ダンチヒ系)×Fappiano(ミスプロ系)の母方はスピード寄り
 

出走予定馬で気になる馬

 
エントシャイデン
カシアス
タワーオブロンドン
トーセンアンバー
ニシノウララ
ピースユニヴァース
マイティーワークス
 
この7頭の中で最も注目してるのがカシアスで次点がエントシャイデン

カシアスはキンシャサノキセキ産駒ですね
それだけでここは買い材料になるでしょうし
母父Dylan Thomasは凱旋門賞馬でデインヒル~ダンチヒの系統
母母父Gone Westがミスプロ系でダンチヒ×ミスプロとすればスピードはありそう

エントシャイデンの父はサンデー系種牡馬であるディープインパクト
このレースはディープインパクト産駒とほぼ無縁の重賞でして過去成績も【0.1.0.0】
それでも唯一走ったリアルインパクトが2着しております
全姉には函館2歳S勝ちのあるブランボヌールが居てますし
母父サクラバクシンオーはテスコボーイ系でスピード持続力に長けた血でもあり
2歳重賞に対応出来そうな血統ではありそう
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 金鯱賞2017 出走予定馬と展望

  2. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  3. 阪急杯2017 予想

  4. フローラステークス2017 出走予定馬と展望

  5. マイラーズカップ2017 予想

  6. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る