menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  6. 秋華賞2016 予想
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  3. オークス2017 予想
  4. 平安ステークス2017 予想
  5. オークス2017 出走予定馬と展望
  6. ヴィクトリアマイル2017 予想
  7. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
  10. NHKマイルカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京メインレースは京王杯スプリングカップ2017
 
 
京王杯スプリングカップは1400mで行われる古馬限定のレースでありまして
この後の安田記念へ向けての重要な前哨戦という位置付け
1着馬にはその安田記念への優先出走権が与えられております
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
サトノアラジン、サクラゴスペル、レッドスパーダ、ダイワマッジョーレ、サダムパテック
重要な前哨戦という割には安田記念へ全く繋がってませんね(笑)
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.0.0.4】で不振
13年にダイワマッジョーレが勝ったのみで
それ以降でも00年以降だとスズカフェニックスとブラックホークの3着があるくらい
1番人気馬にとっては鬼門のレース傾向になっております
 
そんな1番人気に今年推されそうなのがサトノアラジン
昨年のこのレース勝ち馬でもありますしね
 
他にはクラレント、グランシルク、レッドファルクス、ロサギガンティア等が登録してます
 

出走予定馬と血統表

 

 
京王杯スプリングカップ2017出走予定馬は15頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 
このレースはサンデー系種牡馬が圧倒的に強いレースになっておりまして
過去5年3着内15頭中実に12頭がサンデー系種牡馬で占められてますね
その中でもディープインパクトフジキセキマンハッタンカフェダンスインザダークは注目
 
母父ではノーザンダンサー系の好走率がかなり高め
 
そして母方はスピードに長けた血を持つ馬が狙い目
ボールドルーラーを持つ馬が3年続けて馬券になってますしノーザンテーストやテスコボーイも
ストームキャットやヴァイスリージェントといった米国ノーザンダンサーの血も活きるレース質
 
前走臨戦別ではやはり短縮臨戦馬が圧倒的に馬券になってまして
特にその前走で4角3番手以内だった馬は【0.3.1.6】で複勝率4割と好相性
これは単純に短縮で位置取りショックが掛かりやすくなるのもあるのかもしれません
 

有力馬の考察

 
サトノアラジンの父はディープインパクトで昨年の勝ち馬
母父Storm Catはノーザンダンサー系で母母父Fappianoはミスプロ系で母方はスピード強調配合
昨年のスワンステークスも休み明けで圧勝してるように今は1400mがベストの感も
今回も休み明けで短縮ならまず無様な競馬にはならないか!?
 
レッドファルクスはスウェプトオーヴァーボード産駒でフォーティナイナー系種牡馬
フォーティナイナーはミスプロの血をひいてますが近年はこの血統は不振傾向
ただそれを補えるのが近親にスティンガー・アーバニティと当レース実績馬が居るという事
前走高松宮記念は何とか3着にまとめましたがS系の連チャン終わりで薄れてるなら延長が?マーク
 
キャンベルジュニアの父はEncosta De Lagoで欧州ノーザンダンサー系種牡馬
昔はよく走ってた欧州ノーザンダンサー系種牡馬も近年はサンデー系に押され苦戦気味
母父Redoute’s Choiceはダンチヒなんでノーザンダンサー系
母母父Maraudingはニュージーランドのスピード血統
前走ダービー卿チャレンジトロフィーでは4角3番手で短縮ですから期待出来そう
 

出走予定馬で気になる馬

 
キャンベルジュニア
クラレント
グランシルク
サトノアラジン
トーセンデューク
トウショウドラフタ
ヒルノデイバロー
 
この7頭の中で最も注目してるのがグランシルクで次点がサトノアラジン
 
グランシルクは父がステイゴールドなんでサンデー系種牡馬
過去5年ではこの東京1400mでステイゴールド産駒はフジキセキ産駒とほぼ変わらん位の成績
ならばここでも十分やれそうな気はします
母父Dynaformerはロベルト系で母母父がフレンチデピュティ
自身短縮臨戦はこれまで3戦3勝ですし初重賞制覇の可能性はありそうです
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 黒船賞2017 予想

  2. 弥生賞2017 予想

  3. アンタレスステークス2017 予想

  4. 京都記念2017 予想

  5. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要で…

  6. ポルックスステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る