menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. 秋華賞2016 予想
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京成杯オータムハンデキャップ2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜中山メインレースは京成杯オータムハンデキャップ2017

京成杯オータムハンデキャップは芝1600mで行われる重賞レース
レース名は略して”京成杯AH”と表記されているのが一般的でしょうか
そして当レースは2012年からサマーマイルシリーズの最終戦に指定されました
目立つこのレースの勝ち馬と言えばスプリンターズステークスを挟んで(10着)
マイルチャンピオンシップを制したゼンノエルシドくらい

今年の主な登録馬は
マルターズアポジー、マイネルアウラート、ウキヨノカゼ、ロードクエストらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

京成杯オータムハンデキャップ2017出走予定馬は20頭

ダノンプラチナ
ミッキージョイ
ノットフォーマル
ストーミーシー

フルゲート16頭なんでこの4頭が除外されるという事になります
2歳G1馬ダノンプラチナが除外対象になってしまうんですね

尚、トップハンデは58㎏のダノンプラチナとマルターズアポジー
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における京成杯オータムハンデキャップ1~3着馬の父と母父が分かるもの

中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになっておりますので参考にするのは15年と16年

16年1着 ロードクエスト(母方チーフベアハート×リアルシャダイ)
16年2着 カフェブリリアント(父ブライアンズタイム、母父Caerleon)
15年2着 エキストラエンド(母方Garde Royale×Carvin)
15年3着 ヤングマンパワー(父スニッツェル、母母父Nureyev)

これら割と重めの血統構成の馬が馬券に絡んで来てるというのが印象的
開幕週で絶好の馬場でしょうが狙い撃ちするならそんな血統馬でしょうか

あと京成杯オータムハンデキャップを含めた中山1600m重賞
路盤改修後でありますがキングマンボ系もしくはロベルト系を父または母父に持つ馬
これらの好走率が非常に高くなってる事は付け加えておきます
 

有力馬の考察

 
グランシルクの父はステイゴールドなんでサンデー系のスタミナ型
母父Dynaformerはロベルト系で母母父がフレンチデピュティ
重めの血統構成とまでは個人的にいかないとは思うんですが悪くはないでしょう
本来アップ戦に強いのがステイゴールドなんですがこの馬に関してはアップではイマイチ?
だったんですが・・前走中京記念はステゴ馬場だったとは言えアップ戦で2着確保
今回はG3からG3なんで同格戦であるなら前走含めた近走の安定感を評価すべきかも

ダノンプラチナの父はディープインパクトで昨年の当レース3着馬
近走ずっとマイル重賞ばかり使われて鮮度はすっかり無くなってしまった感
何かこうショックを与えるようなものがないと馬券圏内は厳しくなってきてるような気も
Unbridled’s Song×General Meetingの母方は米国スピード配合

マルターズアポジーの父はゴスホークケンでストームキャット~ノーザンダンサー系種牡馬
Old Trieste×Sunshine Foreverの母方含めてかなり米国色の濃い配合
つまり重めの血統構成とは真逆といった感じ
前走関屋記念は前半35.2、前々走七夕賞が前半33.9
七夕賞のハイペースで苦を感じた後でこれだけペースを落として逃げられれば短縮でもありましたし
相当に楽を感じての前走は勝利だったと言えそう
従って今回は苦を感じる事はあっても前走以上に楽を感じれる事はないでしょう
開幕週ですが差しが割と決まっていた過去2年の傾向からも?マーク
 

出走予定馬で気になる馬

 
アスカビレン
ウキヨノカゼ
グランシルク
ストーミーシー
トーセンデューク
ブラックスピネル
ボンセルヴィーソ
ミッキージョイ
ロードクエスト

この9頭の中で最も注目してるのがストーミーシーで次点がグランシルク

ストーミーシーの父はアドマイヤムーンでフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
リズムが良い時の重賞挑戦は特注のアドマイヤムーン
従って前走が一つ余計でしたが・・リズムは今悪くないでしょう
ゼンノエルシド×モガミの母方は欧州ノーザンダンサー系配合
連闘になりますが間隔が詰まっても走れるタイプですしアップ戦の走りも悪くない
現時点では除外対象なんで出走にこぎつければ面白い存在になりそう
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. NHKマイルカップ2017 出走予定馬と展望

  2. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要で…

  3. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴…

  4. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望

  5. フローラステークス2017 予想

  6. 日経賞2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る