menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. 日本ダービー2017 全頭の血統評価というか短評も
  2. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  3. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  4. オークス2017 予想
  5. 平安ステークス2017 予想
  6. オークス2017 出走予定馬と展望
  7. ヴィクトリアマイル2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  9. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京成杯オータムハンデ2016 改修後の中山1600m重賞で買いたい血

 
今週の中山メインレースは京成杯オータムハンデ2016
 
 
この京成杯オータムハンデは中山1600mという舞台で施行されてるんですが
ポイントにしたいのが14年夏に中山競馬場で行われた路盤改修
それに伴い血統傾向も改修前と改修後では違ってきてるのでね
 
この顕著な例として挙げるならダイワメジャー産駒
12年1月から14年4月つまり改修前の重賞成績が【4.1.2.7】に対して
14年12月から16年4月つまり改修後の重賞成績が【0.0.0.13】
これはもちろん中山1600m重賞の数字ですよ
 
そして全体の中山1600m成績で比較しても
12年1月から14年4月の複勝率が40%に対し14年12月から16年4月の複勝率が24.7%
 
数字が見事に物語ってると思いませんか!?
 
それでは逆に改修後で走ってる血をピックアップしていきましょう
 

改修後の中山1600m重賞で好調な血

 
父キングマンボ系 【2.1.1.6】
父ロベルト系 【2.0.0.3】
母父キングマンボ系 【0.1.1.4】
母父ロベルト系 【4.1.0.6】
 
この系統の率が高い・・つまりキングマンボロベルトの血が好調なんです!
理由までを求められるとなかなか辛いんですが(笑)
 
そしてもう1つサドラーズウェルズの血も結構馬券になってまして
 
マジックタイム(16年ダービー卿CT1着、母母父)
ロゴタイプ(16年ダービー卿CT2着、父)
ダイワダッチェス(16年フェアリーS3着、父母父)
ダンスアミーガ(15年ターコイズS2着、母父が内包)
モーリス(15年ダービー卿CT1着、母父)
ノットフォーマル(15年フェアリーS1着、父が内包)
 
この3つの血いずれかの血を持つ馬は要注意ではないかと考えております
 

京成杯オータムハンデ2016での注目馬

 
カフェブリリアント(父ロベルト系)
スマートオリオン(父ロベルト系)
ダノンリバティ(父キングマンボ系)
ダンスアミーガ(母父がサドラーズウェルズ内包)
トウショウドラフタ(父母父サドラーズウェルズ)
ワキノブレイブ(母父ロベルト系)
 
この6頭が上で挙げた血を持っております
 
この中で最注目はダノンリバティ
父はキングマンボ系のキングカメハメハ
産駒の中山1600m成績は改修前より改修後のほうが上回っておりますし
母父エリシオはフェアリーキングの血をひき
そのフェアリーキングがサドラーズウェルズの全弟
久しぶりの中山になりますが期待は出来るのではないでしょうか!?
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. マーキュリーカップ2016 予想

  2. キーンランドカップ2016 出走予定馬と展望

  3. 新潟記念2016 予想

  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ

  5. 福島記念2016 予想

  6. セントウルステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る