menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 秋華賞2016 予想
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2017 予想
  2. 阪急杯2017 予想
  3. アーリントンカップ2017 予想
  4. 中山記念2017 出走予定馬と展望
  5. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  6. 小倉大賞典2017 予想
  7. フェブラリーステークス2017 予想
  8. 京都牝馬ステークス2017 予想
  9. ダイヤモンドステークス2017 予想
  10. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?

 
今週から中山競馬が開幕し重賞は京成杯オータムハンデ2015
舞台は中山1600mになるんですが・・色々調べてるとちょっと面白い傾向を見つけてしまいました
 
 
中山は昨年夏に路盤の改造工事が行われたんですが
それを境に「色んな傾向が変化した!?」という話をよく耳にするようになりましたが・・
 
 
京成杯AH2015データ(14年4月以前中山1600mOP重賞)
 
このデータは13年から14年4月までの中山1600mOP・重賞における脚質別成績と上がり順位別成績
 
 
京成杯AH2015データ(14年12月以降中山1600mOP重賞)
 
そしてこちらが14年12月から15年4月までの中山1600mOP・重賞における脚質別成績と上がり順位別成績
 
 
この2つを見比べると明らかに路盤改造前と改造後で違いが見られます
 
路盤改造後は差し・追い込みが改造前より決まるようになってきており
レースで上位の上がりを使った馬がそのまま上位に来るケースが増えてるんですよね!
 
 
そしてそれを如実に表すかのような成績の種牡馬がダイワメジャーでして
 
13年1月~14年4月 【3.2.2.9】 連対率31.3% 複勝率43.8%
14年12月~15年4月 【0.1.0.8】 連対率11.1% 複勝率11.1%
 
これが中山1600mOP・重賞におけるダイワメジャー産駒の成績
 
 
ダイワメジャーと言えば中山1600m得意は有名ですが路盤改造後は苦戦傾向
斬れというよりはパワーや先行力を活かす競馬が得意な分、この成績も何だか納得させられてしまいます
 
 
逆に上がり&斬れと言えばディープインパクトになるんでしょうが
 
13年1月~14年4月 【0.2.1.7】 連対率20.0% 複勝率30.0%
14年12月~15年4月 【1.3.2.3】 連対率44.4% 複勝率66.7%
 
これが中山1600mOP・重賞におけるディープインパクト産駒の成績
 
 
差し・追い込みが決まりやすくなって上がりが要求されるので路盤改造後は非常に好調
 
 
そういった意味でも京成杯オータムハンデ2015出走馬の
 
ダローネガ・ブレイズアトレイル(ダイワメジャー産駒)
エキストラエンド・ケイティープライド(ディープインパクト産駒)
 
これらの走りっぷりには注目したいですね
 
 
アルマディヴァン
グランシルク
フラアンジェリコ
 
あとは上位の上がりを使えそうという意味ではこの3頭なんか狙ってみたくなります
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中京記念2015 出走予定馬と先行予想

  2. 函館記念2015 ステイゴールド産駒連対率100%のデータ

  3. 佐世保ステークス2015 予想

  4. 日本海ステークス2015 予想

  5. セントウルステークス2015 血統データ|注目は欧州ナスルーラ

  6. 菊花賞2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る