menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  2. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  3. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  4. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  5. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
  6. 【血統データ】ハービンジャー産駒は今開催で積極的に狙うしかない!
  7. セントライト記念2017 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京成杯オータムハンデキャップ 2017 予想
  10. セントウルステークス 2017 予想 印は4頭のみ少点数で仕留めたいレ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京成杯オータムハンデ2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜中山メインは京成杯オータムハンデ2015
 
 
アルビアーノ、レッドアリオン、グランシルク、スマートオリオン他30頭が出走予定
 
 
【京成杯オータムハンデ2015出走予定馬と血統表①】
 
京成杯AH2015出走予定馬
 
この16頭が出走を確定してる馬
 
 
【京成杯オータムハンデ2015出走予定馬と血統表②】
 
京成杯AH2015出走予定馬2
 
この14頭が現時点では除外対象になっております
 
 
例年開幕週に行われる京成杯オータムハンデですが(昨年は新潟施行)
夏のローカルの延長戦といった感じなんでしょうか!?
 
2010年以降5年連続で前走1着馬が勝利中
中山施行の2009年以降5年間で4度前走3着内が2頭馬券圏内
 
と、前走好調馬が非常に相性良いレースである事は血統以前にまずは頭に入れておきたいところです
 
 
血統的には父サンデー系が断然ではなく非サンデー系も1~2頭は馬券に食い込んでくる感じ
あとは3代内に欧州ナスルーラの血を持つ馬が結構走ってるのも見逃せません
 
 
アルビアーノは米国産馬のパワー血統馬
父Harlan’s Holidayですが産駒の中10週~中25週の休み明け成績は【1.2.3.7】複勝率46.2%
ストームキャット系らしく休み明けから全開のタイプですが血統的に伸びしろがあるかは疑問
 
レッドアリオンはアグネスタキオン産駒
京成杯AHでも実績があって中山1600mの数字も悪くなくレッドアリオン自身も実績あり(NZT2着)
前走1着馬でもあり馬券圏内は期待出来そう
 
スマートオリオンは非サンデー系の父グラスワンダー
母父トニービンが欧州ナスルーラで好走条件は満たしてるとも言えるんですが・・・
2010年以降中山1600mでのグラスワンダー産駒の数字が【1.1.1.59】と大不振なのがどうか
 
 
アルビアーノ
アルマディヴァン
コスモソーンパーク
シャイニープリンス
ダローネガ
ブレイズアトレイル
マテンロウハピネス
ヤングマンパワー
レッドアリオン
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの9頭
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京スポーツ杯2歳ステークス2015 予想

  2. ローズステークス2015 阪神1800m重賞の傾向から狙える血

  3. 京都2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. ジャパンカップ2015 出走予定馬と先行予想

  5. 福島記念2015 予想

  6. ホープフルステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る