menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  7. エリザベス女王杯 2017 予想
  8. 福島記念 2017 予想
  9. 武蔵野ステークス 2017 予想
  10. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

菊花賞2016 近年重要度を増してる血

 
さあ徐々に菊花賞が近付いてきてワクワクドキドキなんですが
本日木曜日に早くも今年の菊花賞枠順が確定となりました
 
2強と目される注目のサトノダイヤモンドとディーマジェスティは揃って内に
ディープインパクト産駒初の3000m超重賞制覇なるか?ですね
 
さてここでは今年の菊花賞における各馬の血統評価も終えたんで
もう少し踏み込んだところの菊花賞の血統傾向をやってみようかと思います
 
菊花賞と言えば・・全馬未知の領域となる3000m
普通にスタミナ血統=欧州血統重視という考え方ももちろんあり・・・
というか昨年まではここにかなり拘って予想を組み立ててました
 
ただ今年に関してはあまり欧州血統に拘りを求めない方向でいってみようかなという気に
 

菊花賞で近年活躍してる血とは!?

 
15年5人気1着 キタサンブラック
%e3%82%ad%e3%82%bf%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af
 
14年4人気2着 サウンズオブアース
%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9
 
13年5人気2着 サトノノブレス
%e3%82%b5%e3%83%88%e3%83%8e%e3%83%8e%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%b9
 
この3頭に共通するのが母母父にボールドルーラー系の血を持っていたという事
ボールドルーラーっていうのは欧州血統ではなくてスピード持続力に長けた血という認識
 
キタサンブラックは母父がサクラバクシンオーでしたし
12年2着スカイディグニティと11年1着オルフェーヴル
この2頭は母方にこれまたスピード持続力に長けたノーザンテーストを持ってました
(ちなみにサクラバクシンオーはノーザンテースト内包)
 
今年に関してはまずこれらの血を特に母方に持つ馬に注目してみようかなという思いであります
 

菊花賞2016出走予定馬で母方に注目の血を持つ馬

 
①カフジプリンス
母母父ではありませんが4代母方にボールドルーラーの血を二本持っております
 
⑥ディーマジェスティ
こちらも母母父ではありませんが4代母方にボールドルーラー血あり
 
⑪レインボーライン
母母父レインボーアンバーがノーザンテースト系
 
⑬エアスピネル
母母父がノーザンテーストで4代母方にボールドルーラーの血あり
 
注目したいのはこの4頭
 
ここから好走馬が出ればこれが今後のトレンドの血になっていくはずです
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 宝塚記念2016 予想

  2. JBCレディスクラシック2016 予想

  3. 中日新聞杯2016 予想

  4. 京都記念2016 予想

  5. 東風ステークス2016 予想

  6. アーリントンカップ2016 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る