menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

菊花賞2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースは菊花賞2016
 
 
クラシック3冠の最終戦となるのが菊花賞
そんな菊花賞ですが3000mという距離からも昔から「最も強い馬が勝つ」と称されてます
そして全馬未知の領域となる距離だけに血統派としては腕の見せ所!
1年の中で有馬記念と同じくらい力が入るレースになっておりますよ
 
さて今年のクラシックは皐月賞・日本ダービーの上位馬が変わらずという結果に
その中で皐月賞2着でダービー勝ち馬のマカヒキは凱旋門賞にいったので参戦せずでしたが
ディーマジェスティとサトノダイヤモンドはここにも無事に参戦
構図としましては完全に2強対決になりそうな感じ
 
ディーマジェスティは皐月賞との2冠を目指し、サトノダイヤモンドは初G1制覇を目指しての戦い
むろん菊花賞らしく伏兵の台頭も期待したいですね
 
そんな菊花賞2016出走予定馬は19頭
 
コスモジャーベ、サトノエトワール、ネイチャーレット
この2勝馬3頭が残り2頭の出走枠を巡って抽選対象になっております
 

菊花賞2016の出走予定馬と血統表

 
%e8%8f%8a%e8%8a%b1%e8%b3%9e2016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac

菊花賞の血統傾向

 
注目されるディープインパクト産駒ですが過去3頭馬券に
(リアルスティール、サトノノブレス、トーセンラー)
通算成績は【0.2.1.16】という事で数あるG1レースの中では確実に苦手な部類
3000m以上での重賞も未だ未勝利となっております
 
ディープインパクトを除いたサンデー系種牡馬の成績は【4.2.2.22】で複勝率26.7%(過去5年)
無難に狙うならこっちの方がいいような気がしてます
 
あとはロベルト系種牡馬くらいですかね
 
母方では3年連続でボールドルーラーの血を持つ馬が好走しており
サポートとしてはスピード持続力に長けた血を母方に持つ馬に注目したい傾向
3000mだからといってあまり欧州血統に拘りを求めない方が近年はいいような気も・・・
 
データ的には前走神戸新聞杯組が圧倒的に好相性
特にディープインパクト産駒を除いたサンデー系種牡馬は【3.2.2.9】
複勝率43.8%とハイアベレージ
 
「近走(2走内)で条件戦を使ってる馬」がよく好走してるのも特徴
 
そしてやはり内枠がかなり有利な傾向になっておりますよ
 

菊花賞2016有力馬の考察

 
サトノダイヤモンドはディープインパクト産駒で前走神戸新聞杯組
母方のOrpen×Southern Haloという配合はややパワーに寄ってる印象はありますが
母父の系統はスピードある血筋
あまり菊花賞と相性良い血は持ってませんが
昨年2着のディープインパクト産駒リアルスティールも相性良い血を持たずに好走
現状のポテンシャル頼みになってくるかと
 
ディーマジェスティもディープインパクト産駒でセントライト記念からの参戦
神戸新聞杯と比べて臨戦的には数字の悪いセントライト記念ではありますが
改修後に行われた昨年のセントライト記念組からキタサンブラックが好走したので
このあたり潮目が変わってくる可能性も!?
母方はブライアンズタイム×サドラーズウェルズという共に菊花賞で相性良い血を持ってますし
4代母ですがMaster Derbyがボールドルーラー系
 
レッドエルディストはゼンノロブロイ産駒でサンデー系種牡馬
前走神戸新聞杯からの臨戦はかなり好走の期待は抱かせてはくれるとは思うんですが・・
ゼンノロブロイ産駒は昨年リアファルが3着も基本G1では買い難い種牡馬
母方Darshaan×Alzaoは欧州配合でDarshaanは菊花賞でそこそこ相性良いネヴァーベンド系
取捨に迷う1頭ではありますが・・・
 

菊花賞2016出走予定馬で気になる馬

 
エアスピネル
カフジプリンス
コスモジャーベ
サトノダイヤモンド
シュペルミエール
ディーマジェスティ
ミライヘノツバサ
レインボーライン
 
この8頭の中で最も注目してるのがカフジプリンスで次点がレインボーライン
 
カフジプリンスの父はハーツクライでサンデー系種牡馬
前走神戸新聞杯からの臨戦も最高ですね延長臨戦でこそのハーツクライでもありますし
母父シンボリクリスエスはこれまた菊花賞と相性まずまずのロベルト系で父として菊花賞馬も輩出
4代母方ではありますがボールドルーラーの2本持ってるのも魅力
 
レインボーラインはステイゴールド産駒でこれもサンデー系種牡馬
母母父レインボーアンバーは菊花賞2着馬でもありスピード持続力に長けたノーザンテースト系
母父フレンチデピュティはやや微妙な感じはありますがね
前走古馬混合重賞札幌記念からの臨戦は異端性を感じさせてくれますし
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中日新聞杯2016 予想

  2. クイーン賞2016 予想

  3. 中京記念2016 出走予定馬と展望

  4. セントライト記念2016 予想

  5. 七夕賞2016 出走予定馬と展望

  6. 函館記念2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る