menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 秋華賞2016 予想
  5. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアンジュに…
  2. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  3. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  4. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  5. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  6. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  7. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  8. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  9. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  10. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

菊花賞2016 予想

 
10月23日(日)京都競馬場芝3000mで行われる菊花賞2016の予想です
 
 
今週のG1レースは菊花賞
3歳クラシック最後の一冠となるのが菊花賞になりますね
 
ダービー馬マカヒキは凱旋門賞というローテーションを組んだため出走せずも
皐月賞馬ディーマジェスティ、皐月賞3着ダービー2着馬サトノダイヤモンド
この2頭はしっかりとここに出て来てくれました。。そして完全な2強対決の様相
 
人気はサトノダイヤモンドのほうが上
ここは馬もですが馬主も込みで悲願のG1制覇なるか?に注目
片やディーマジェスティは2冠を目指す競馬になるでしょうが図式としては挑戦者の感じ
京都長距離(特に内枠)で相性抜群の鞍上がどんな競馬を見せるのか?
 
しかし競馬で2強対決と言われた時ほど「両雄並び立たず」という結果になる事もしばしば
思わぬ伏兵の台頭にも注意を払っておいたほうが良さそうですよ
 
そんな菊花賞2016の発走時刻は15:40になっております
 

菊花賞2016の見解

 
さて注目されるディープインパクト産駒ですが過去3頭馬券に
(リアルスティール、サトノノブレス、トーセンラー)
通算成績は【0.2.1.16】という事で数あるG1レースの中では確実に苦手な部類
3000m以上での重賞も未だ未勝利となっております
 
一方でディープインパクトを除いたサンデー系種牡馬の成績は
【4.2.2.22】で複勝率26.7%(過去5年)
無難に狙うならこっちの方がいいような気がしてます
 
次に相性が良いロベルト系種牡馬が不在ならば尚更ですかね
 
母方では3年連続でボールドルーラーの血を持つ馬が好走しており
サポートとしてはスピード持続力に長けた血を母方に持つ馬に注目したい傾向
3000mだからといってあまり欧州血統に拘りを求めない方が近年はいいような気も・・・
 
データ的には前走神戸新聞杯組が圧倒的に好相性
特にディープインパクト産駒を除いたサンデー系種牡馬は【3.2.2.9】
複勝率43.8%とハイアベレージ
 
「近走(2走内)で条件戦を使ってる馬」がよく好走してるのも特徴的であります
 

菊花賞2016の予想

 
◎はカフジプリンスにしました
父はハーツクライでサンデー系種牡馬
菊花賞成績は【0.1.0.4】と奮わないんですが
3000m以上の重賞成績は【5.7.3.19】複勝率44.1%と
サンデー系種牡馬の中では長距離重賞で期待出来る馬の1頭ではないかと
しかもハーツクライは延長臨戦の成績がかなりいい種牡馬
3000m以上の重賞で延長臨戦だった馬の成績が【4.6.3.15】連対率35.7%に複勝率46.4%
前走が苦手とする短縮臨戦で神戸新聞杯を走り今回は延長臨戦というのはかなり期待値が高まります
母父シンボリクリスエスは菊花賞で相性良いロベルト系で
4代母方にスピード持続力に長けたボールドルーラーの血を二本抱えているもの魅力
 
○はレインボーライン
父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
過去菊花賞で2勝してるステイゴールド産駒ですが勝ったのが共に1番人気
4番人気以内で沈んだ馬が複数いるのも事実でなかなかパッと飛びつくのも難しい感じ
ただステイゴールドはハーツクライ並ぶほどに代表的なスタミナ型サンデー
母方フレンチデピュティ×ノーザンテースト系の配合はスピード持続力に長けた印象
母母父レインボーアンバーは菊花賞2着の実績あり
 
▲はディーマジェスティ
こちらはディープインパクト産駒
ディープインパクト産駒のG1成績とは思えないくらいの悪い数字が並ぶのでこの評価が妥当!?
ただ「G1実績」「デビューから全て3着内」「前走1番人気1着」
こんな臨戦過程を辿ってきたディープインパクト産駒の菊花賞出走は初めてとなります
それならば逆にちょっと評価してみたくなったのは事実
母父ブライアンズタイムは菊花賞と相性良いロベルト系で且つブライアンズタイムも菊花賞実績十分
母父ブライアンズタイムとしてはビートブラックとスリーロールスが過去馬券に
母母父Sadler’s Wellsもなかなか菊花賞で相性良い血
4代母Master Derbyはこのレースで母方に入ると相性良い血の一つであるボールドルーラー系
母方は父の不安さを一掃させてくれる血統構成ではあり
 
△はシュペルミエール
父はレインボーラインと同じステイゴールドでサンデー系種牡馬
サンデー系種牡馬の中ではハーツクライと並ぶほどのスタミナ型サンデー
激戦や格上げ戦に強いのがステイゴールドの特徴なんでこの臨戦ならやっぱり買いたくはなります
母父クロフネからパワーとスピードを供給され母母父Kaldounはグレイソヴリン系
 
△はウムブルフ
ディープインパクト産駒では上から2番目の評価
「500万」「1000万」と条件戦から勢いを付けてきたディープインパクト産駒の出走も初めて
皐月賞こそ跳ね返されましたがディープの鮮度という意味ならこの人気でちょっと買いたいです
母父Monsunはドイツで活躍した馬で母母父Goofalikはリファール系の欧州ノーザンダンサー系
母方は欧州配合になっております
ちょっと重たいですがそこはディープインパクトで相殺といったところ
 
×サトノダイヤモンドのこの評価は単純にこの馬より上に評価した馬が複数居たという事
ただ「G1実績」「デビューから全て3着内」「前走1番人気1着」
こんな臨戦過程を辿ってきたディープインパクト産駒だけあって消せない・・
Orpen×Southern Haloの母方はパワーに寄ってる配合だとは思うんですが
Orpenはフランスの1200mG1勝ち馬でその父LureはBCマイルを連覇した馬
母父からはスピードを結構供給されてるとは思いますね
 
穴コスモジャーベは父ソングオブウインドが
キングカメハメハと同じキングマンボの血をひくミスプロ系
ただ同じキングマンボでもこっちはスタミナ血統がふんだんにあって自身は菊花賞勝ち馬
母父としても昨年3着のリアファルを出しております
母父モルフェデスペクタはヴァイスリージェント系でパワーやスピードに長けた血
そして母母父が一昔前の菊花賞血統であるダンスインザダーク
 

菊花賞2016の予想印と買い目

 
カフジプリンス
○レインボーライン
▲ディーマジェスティ
△シュペルミエール
△ウムブルフ
×サトノダイヤモンド
穴コスモジャーベ
 
買い目は
◎の単
穴の複
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△の馬連
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲△△ー×の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 福島記念2016 予想

  2. 共同通信杯2016 出走予定馬と先行予想

  3. 宝塚記念2016 血統データ~シンプルに狙いたい血統構成とは?

  4. 京都大賞典2016 出走予定馬と展望

  5. アメリカジョッキークラブカップ2016 予想

  6. 札幌2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 23日
    トラックバック:テレビ遺憾の意

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る