menu
閉じる
  1. 京都大賞典 2017 予想
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. 秋華賞2016 予想
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. 有馬記念2015 予想
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

金鯱賞2015 出走予定馬と先行予想

 
今週土曜中京メインは金鯱賞2015
 
 
ディサイファ、レーヴミストラル、ベルーフ、サトノノブレス他13頭が出走予定
 
 
【金鯱賞2015出走予定馬と血統表】
金鯱賞2015出走予定馬
全馬出走可能になっております
 
 
参考にするのは中京が新装された12年以降の過去3年
 
オーシャンブルー、ダイワマッジョーレ、カレンミロティック
ラブリーデイ、ウインバリアシオン、ラストインパクト
 
これらは金鯱賞で好走した後にG1で馬券になった馬
馬券対象馬9頭中6頭ですからこれはなかなかの出世レースに位置付け出来そうな気はします
 
 
さて金鯱賞の血統傾向ですが注目はグレイソヴリンでしょう!
トニービン内包種牡馬のハーツクライが3頭馬券になりジャングルポケット産駒も好走
サトノノブレス・ラブリーデイは母方にグレイソヴリンを持ってました
 
あともう1つはボールドルーラーの血
サトノノブレス・エアソミュール・カレンミロティック・アドマイヤラクティ
この4頭が母方にボールドルーラーを持ち好走しております
 
 
ディサイファはディープインパクト産駒でして昨年のこのレースがディープインパクトのワンツー
ただ前走G1組は【0.1.1.13】と案外奮わないデータもあり上の血統も持ってないので過信禁物?
 
レーヴミストラルはキングカメハメハ産駒ですが
13年以降の中京2000mだと勝率・連対率・複勝率はいずれもディープインパクト産駒より上の成績
しかも単複回収値が共に100を超えているので黙って狙いたくはなります
さらに母父Highest Honorがグレイソヴリンというのもいいでしょう
 
ベルーフはハービンジャー産駒なんですが
下級条件ばかりとはいえ13年以降の中京2000mでは複勝率46.2%という高い数字を誇るのがハービンジャー
これまでハービンジャー産駒の芝重賞ですが
前走延長【0.0.1.15】前走短縮【0.0.0.7】と距離のショックに反応が見られない種牡馬成績
そこが菊花賞から大幅短縮となる今回ちょっと引っ掛かるんですよね
 
 
サトノノブレス
ディサイファ
パッションダンス
マジェスティハーツ
ミトラ
レーヴミストラル
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
 
この中で最も注目してるのがレーヴミストラルで次点がマジェスティハーツ 
 
マジェスティハーツはハーツクライ産駒でハーツクライ芝重賞特注の休み明け
そして母父ボストンハーバーがボールドルーラー系と血統的にはピタリ
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館記念2015 出走予定馬と先行予想

  2. 博多ステークス2015 予想

  3. 府中牝馬ステークス2015 予想

  4. 中京記念2015 予想

  5. 函館2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  6. 小倉日経オープン2015 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る