menu
閉じる
  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 秋華賞2016 予想
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  2. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  3. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  4. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  5. 種牡馬メモについて
  6. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  7. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  8. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  9. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

きさらぎ賞2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都競馬メインレースはきさらぎ賞2018

きさらぎ賞は芝1800mで行われる3歳限定の重賞でありまして
近年ではクラシックへ向けての重要な位置付けとなってるレースになるでしょうか

かつてはスペシャルウィークやネオユニヴァースがここを勝ち後にダービー制覇
ナリタトップロード、アサクサキングスといった勝ち馬は菊花賞を後に制しました

そして記憶にも新しいのが一昨年の勝ち馬サトノダイヤモンド
皐月賞とダービーは惜しくも届かなかったですが菊花賞を快勝し有馬記念まで勝ちました

今年注目されるのは大物?と噂されているダノンマジェスティでしょう
昨年皐月賞を勝ったアルアインの全弟という血統背景に加え新馬戦が0.6秒差の圧勝ですから

ここ5年連続で頭数は8~9頭立てと寂しいきさらぎ賞でしたが
今年は15頭登録してますし出来るだけ多くの頭数での競馬になる事を期待したいですね

ダノンマジェスティの他にはグローリーヴェイズ、カツジ、レッドレオンらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

これがきさらぎ賞2018出走予定馬15頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるきさらぎ賞1~3着馬の父と母父が分かるもの

何と言ってもここでの大注目はディープインパクト産駒になるんでしょうね
一昨年と2012年が1~3着独占で過去7年で4勝
通算成績も【4.4.2.6】で連対率50%に複勝率62.5%と出走してくれば2頭に1頭は連対
それ以上の確率で確実に馬券に絡んで来ております

そのディープインパクト産駒でもノーザンファーム生産馬は【3.4.1.1】とさらに率が向上
※ちなみに今年のディープ×ノーザンファーム馬はダノンマジェスティ&レッドレオンの2頭

昨年は重馬場であったので6番人気1着アメリカズカップは省きますが
16年4番人気2着 レプランシュ(母父)
14年2番人気1着 トーセンスターダム(母母父)
14年6番人気3着 エイシンエルヴィン(父)
13年6番人気1着 タマモベストプレイ(母父)
13年5番人気2着 マズルファイヤー(父)

人気より着順が上だった馬は(過去5年)
母方にノーザンテースト持ちまたは欧州色の強いノーザンダンサーの血が前面に出た馬
こんな特徴がありましたので注目しておきたいところ

前走距離別では1600m・1800m・2000m組に良績が集中
同距離となる1800m組は勝ち切れてないという印象で
短縮の2000m組は人気馬中心、妙味があるのは延長の1600m組という傾向に
 

あなたはこれでも傾向通りディープを買いますか!?

 
カツジ
グローリーヴェイズ
ダノンマジェスティ
ノーブルカリナン
レッドレオン
今年は以上5頭のディープインパクト産駒が出走

という事で実に出走予定馬の3分の1がディープインパクト産駒で占められているのです
先程の血統傾向の所でも触れたようにこれならばまたまた今年も上位独占という可能性もありそう

ですが・・いやちょっと待ってみよう!!

これ普通に知られてるとは思うんですが今冬の京都でディープ産駒走ってないんです


これが今冬(1月以降)における京都芝でのディープ産駒のクラス別成績

ここまでわずか3勝のみでそれがいずれも新馬と未勝利
1600万条件より上=つまり上級条件では1頭も馬券に絡んでないという事実

17年

16年

ちなみに合わせて昨年と一昨年のきさらぎ賞週まででの同じものを載せてみました

昨年も上級条件ではあまり芳しくなく一昨年>昨年>今年と年々悪くなってる感じがします
特に今年は昨年秋の極悪馬場の影響が残っているとも言えそうですが・・にしても悪すぎる

この世代の重賞成績を見ても複勝率は50%となかなか好成績ではあるんですが
勝利数はここまで4勝でその内ダノンプレミアムが2勝とワグネリアンが1勝
大物感を感じさせるような馬しか勝ててないというのが現状

その大物感を感じさせるような馬がダノンマジェスティで務まるのか!?
現状の傾向に沿うのか?過去の傾向に沿うのか?さあ週末まで目一杯考えようじゃあ~りませんか
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想

  2. CBC賞2018 出走予定馬と展望

  3. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望

  4. 函館記念2018 出走予定馬と展望

  5. スプリンターズステークス 2018 全頭考察

  6. 紫苑ステークス 2018 予想 本命はクイーングラス

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る