menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  2. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  3. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  4. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  5. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  7. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  8. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
  9. アハルテケSに安芸Sなど2018年6月9日土曜の競馬予想
  10. 【エプソムC&マーメイドS2018】 重馬場で浮上しそうな種牡馬
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

きさらぎ賞2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースはきさらぎ賞2017
 
 
きさらぎ賞は1800mで行われる3歳限定の重賞でして
近年ではこのきさらぎ賞はクラシックへ向けての重要な位置付けとなってるレース
 
かつてはスペシャルウィークやネオユニヴァースがここを勝ち後にダービー制覇
ナリタトップロード、アサクサキングスといった勝ち馬は菊花賞を後に制しました
 
そして記憶にも新しい昨年の勝ち馬サトノダイヤモンド
皐月賞とダービーは惜しくも届かなかったですが菊花賞を快勝し有馬記念まで勝ちました
 
今年注目されるのはサトノダイヤモンドと同じサトノ軍団のサトノアーサーでしょう
2戦2勝ですがとにかく強烈だったのが前走のシクラメンステークス
上がり32.7の脚を使って0.6差の圧勝!しかも余裕綽々でしたからね
 
ここ4年連続で頭数は8~9頭立てと寂しいきさらぎ賞ですが
今年も少頭数になりそうで逆に中身の濃い競馬になる事を期待したいです
 

きさらぎ賞2017の出走予定馬と血統表

 

きさらぎ賞2017出走予定馬は11頭(全馬出走可能になっております)
 

きさらぎ賞の血統傾向

 
何と言ってもここでの大注目はディープインパクト産駒になります
 
昨年と2012年が1~3着独占しており過去6年で4勝
通算成績も【4.3.2.6】で連対率46.7%に複勝率60%と出走してくれば2頭に1頭は確実に馬券に
そのディープインパクト産駒でもノーザンファーム生産馬は【3.3.1.1】と
さらに率が跳ね上がります
 
あとはShamardalやアドマイヤムーンといった種牡馬が馬券になってるのでパワー型種牡馬も注意
 
母方では母父ノーザンダンサー系が好成績ですね
 
臨戦別では短縮>同距離>延長の順で2000mからの臨戦馬が相性良し
 

きさらぎ賞2017有力馬の考察

 
サトノアーサーの父はディープインパクトでノーザンファーム生産馬
Redoute’s Choice×Nureyevの母方はノーザンダンサー系配合
Redoute’s Choiceはダンチヒ系でディープ×ダンチヒ配合はサトノダイヤモンドと同配合
全くもって隙は見当たらないような気はします
 
ムーヴザワールドもサトノアーサーと同じディープインパクト産駒でノーザンファーム生産馬
母父サドラーズウェルズがノーザンダンサー系
サトノアーサーよりはやや重い印象で重賞を1度使ってしまっての臨戦も鮮度的にマイナス
共同通信杯に回るという話もあるようですが・・・
 
ダンビュライトの父はルーラーシップでキングマンボ系のミスプロ系種牡馬
現時点でルーラーシップ産駒は小回りコースでの数字が良い傾向
京都1800m外はこれまで【0.2.1.12】で2着の2頭はいずれもディープ産駒に負けてます
どうしてもこの舞台では斬れ負けする感じなんですよね
 

きさらぎ賞2017出走予定馬で気になる馬

 
アメリカズカップ
サトノアーサー
タガノアシュラ
プラチナヴォイス
ムーヴザワールド
 
この5頭の中で最も注目してるのがサトノアーサー
次点がプラチナヴォイス・タガノアシュラ
 
プラチナヴォイスの父エンパイアメーカーはミスプロ系でパワー型種牡馬
3代母がウインドインハーヘアつまりディープインパクトの母でもあるんですよね
しかも短縮臨戦で間隔開けて京都1800mは狙いたくなります
 
タガノアシュラの父は冬の京都重賞特注マンハッタンカフェ
前走は2走前の少頭数から多頭数で内枠とまあ楽→苦という競馬なら惨敗も仕方なし
ここは苦→楽になりそうですし牝系ロイヤルサッシュはこのレース実績あり
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 府中牝馬ステークス 2017 予想

  2. 【2歳戦予想考察】今年の2歳種牡馬成績を昨年の成績と比較!注目種…

  3. 福島記念2017 出走予定馬と展望

  4. 有馬記念2017 出走予定馬と展望

  5. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望

  6. ラジオNIKKEI賞2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る