menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 有馬記念2015 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  2. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  3. サマーチャンピオン 2017 予想
  4. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  5. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  6. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  7. 小倉記念 2017 予想
  8. レパードステークス 2017 予想
  9. 小倉記念2017 出走予定馬と展望
  10. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴も持た…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

北九州記念2016 予想

 
8月21日(日)小倉競馬場芝1200mで行われる北九州記念2016の予想です
 
 
昔は確か1800mで行われてたのが北九州記念
それが1200mに距離変更されたのが06年からなので今年で早いもので11回目
昨年・一昨年はフルゲート18頭と頭数が揃ってたんですが今年は13頭とやや寂しくなりました
 
人気は昨年のこのレース勝ち馬になるベルカント
アイビスサマーダッシュを勝ってからのローテーションも昨年と全く同じ
人気的にはやはり一歩抜けてる感
 
あとはCBC賞・アイビスサマーダッシュ・バーデンバーデンカップの上位組が人気を集めてます
 
そんな北九州記念2016の発走時刻は15:25になっております
 

北九州記念2016の見解

 
昨年ワンツーフィニッシュを決めたサクラバクシンオー産駒はよく走っております
 
あとはパワー型種牡馬サンデー系種牡馬(特に人気薄)に注意といったところ
 
勝ち馬に関してはそうでもないとは思うんですが
2・3着馬の母方の血統を見ると欧州の血を持つ馬がやたら走ってるのもポイント
 

北九州記念2016の予想

 
◎はローズミラクルにしました
父はフジキセキなんでサンデー系種牡馬
早朝の時点で7番人気なら人気薄のサンデー系種牡馬として十分妙味があるかと
前走・前々走と新潟1000mを使ってますが
フジキセキ産駒は
新潟1000mより小倉1200mのほうが圧倒的にパフォーマンスは期待出来る数字あり
母方はSevres Rose(ニジンスキー系)×Kaldoun(グレイソヴリン系)なんで欧州配合
近年は内有利な傾向もあるので内枠も追い風になるか
 
○はプリンセスムーン
新潟1000m専用機かもしれませんが・・血統的には面白そう
父アドマイヤムーンはフォーティナイナー系なんでパワー型種牡馬
母方もJohan Cruyff×Dashing Bladeという欧州配合
 
▲はベルカント
父はサクラバクシンオーで母方は欧州の血はかなり薄目
56㎏と圧倒的1番人気が嫌な分だけこの印に
 
前走条件戦組が好相性なのとサクラバクシンオー産駒を買って△フルールシチー
内で先行出来れば父はパワー型種牡馬で母方が欧州配合の△ラインスピリット
 

北九州記念2016の予想印と買い目

 
ローズミラクル
○プリンセスムーン
▲ベルカント
△フルールシチー
△ラインスピリット
×ラヴァーズポイント
 
買い目は
◎の複
◎ー○のワイド
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲ー×の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. レパードステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 天皇賞秋2016 出走予定馬と展望

  3. 武蔵野ステークス2016 予想

  4. みやこステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 毎日王冠2016 予想

  6. 大阪杯2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る