menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 秋華賞2016 予想
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

北九州記念2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜小倉メインレースは北九州記念2017
 
 
北九州記念は芝1200mで行われる3歳以上のハンデキャップレース
サマースプリントシリーズに指定されており
この後のスプリンターズステークスを目指す前哨戦という位置付け
ちなみにトップハンデは56㎏(複数馬該当)
 
過去5年の当レース勝ち馬は
16年 バクシンテイオー
15年 ベルカント
14年 リトルゲルダ
13年 ツルマルレオン
12年 スギノエンデバー
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【0.2.0.3】と不振傾向
14年なんかは8→13→17番人気の決着で大波乱
昨年も8番人気単勝21.7倍だったバクシンテイオーが勝っており常に人気薄は警戒か
 
そのバクシンテイオー含め重賞勝ち馬はアクティブミノルとエイシンブルズアイの3頭のみ
メンバーレベルは微妙な感じはするので今年も穴馬の台頭の予感が!?
 
バクシンテイオー、アクティブミノル、エイシンブルズアイの他に主な登録馬は
オウノミチ、キングハート、ダイアナヘイロー、ファインニードルらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
北九州記念2017出走予定馬は20頭
 
ここからオーヴィレール、テイエムゲッタドンの2頭が除外になりました
 

レースの血統傾向

 

 
これは過去10年における北九州記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
サクラバクシンオーにオレハマッテルゼを父に持つ馬が複数馬券になってますが
この2頭の共通点はノーザンテーストを内包してるという事
ノーザンテーストはスピード持続力に長けた血でありますが
スプリント重賞だけあって普通にこの血が有効になってきそうです
 
あとはキングマンボロベルト母父サンデー系あたりが好相性な血
 
データ的には近2走以内で条件戦を使ってる馬が毎年のように馬券になってますね
あとはスプリント重賞らしく近走リズム=着順の良い馬がそのまま好走する傾向も
 

有力馬の考察

 
ダイアナヘイローの父はキングヘイローで欧州ノーザンダンサー系種牡馬
過去5年ベースでは奮わない欧州ノーザンダンサー系種牡馬ですが
11年ファルブラヴ、10年ホワイトマズルと好走実績はあります
そして母父グラスワンダーがロベルト系
近走リズムも良いですし前走が1600万の条件戦
前走条件戦→重賞という臨戦でのキングヘイロー産駒の成績は決して良くはないんですが・・
 
キングハートはオレハマッテルゼ産駒でノーザンテースト内包種牡馬
近3年で2頭馬券になってる時点で既に相性抜群である事は明白ではあるんですが
オレハマッテルゼ産駒の成績を見ても小倉での成績が抜群に良いんです
近走リズムは抜群ですしそれが馬体を増やしながらというのも非常に好感が持てます
疲労よりは充実ぶりを評価したい馬ですね
 
ファインニードルの父はアドマイヤムーンでミスプロ系種牡馬
前走1600万条件を走って1着とデータ的には一見買いの馬にも見えるんですが・・
500万→1000万、1000万→1600万、1600万→OP
いわゆるアップ戦で悉く跳ね返されてるというのは懸念材料として捉えたく
 

出走予定馬で気になる馬

 
アクティブミノル
キングハート
ダイアナヘイロー
ツィンクルソード
ナガラオリオン
ミッキーラブソング
 
この6頭の中で最も注目してるのがキングハートで次点がミッキーラブソング
 
ミッキーラブソングの父はキングカメハメハでキングマンボの血を有しており
2011年には産駒のトウカイミステリーが勝っております
間隔を開けたほうが芝重賞では成績が良い種牡馬なんでこの臨戦は悪くないか?
これ以上開けると微妙にはなってくるんですが・・
短縮への反応も悪くない馬ですし母父フジキセキがサンデー系
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. カペラステークス 2017 予想

  2. 福島記念2017 出走予定馬と展望

  3. オークス2017 予想

  4. 新潟記念 2017 予想 本命は相性抜群のディープインパクト産駒…

  5. スワンステークス2017 出走予定馬と展望

  6. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る