menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. 京都大賞典2016 予想
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 香港国際競争 2017 ヴァーズ.スプリント.マイル.カップ 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想
  3. カペラステークス 2017 予想
  4. 中日新聞杯 2017 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. カペラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. 中日新聞杯2017 出走予定馬と展望
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走予定馬と展望
  9. チャンピオンズカップ 2017 予想
  10. チャレンジカップ 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬

 
9月24日(日)阪神競馬場で行われる神戸新聞杯2017の予想です
 
 
神戸新聞杯は芝2400mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
3着までに菊花賞の優先出走権が与えられるトライアルレース
2007年に馬場改修してから外回りの2400mで行われるようになり早いもんで今年で11回目に

オルフェーヴル
ゴールドシップ
エピファネイア
サトノダイヤモンド
近6年でこれら神戸新聞杯勝ち馬がそのまま菊花賞制覇と直結度合いが高まりつつあり

今年はダービー馬であるレイデオロが出走し当然のように断然の1番人気
ただこの後はジャパンカップへ向かうという事らしいので
菊花賞には出走せずという話も聞こえてくるんですがどうなんでしょうか?

レイデオロ以下の人気は
キセキ、サトノアーサー、ダンビュライト、マイスタイル、カデナの順

そんな神戸新聞杯2017の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における神戸新聞杯1~3着馬の父と母父が分かるもの

まあ圧倒的にサンデー系種牡馬が馬券になってますね

その中でディープインパクトは昨年サトノダイヤモンドがようやくこのレースで初勝利
過去5年で【1.2.2.9】ですから決して相性は良いとは言えない気も

ディープインパクトはノーザンファーム生産馬
逆にサンデー系種牡馬は非ノーザンファーム生産馬
生産者との繋がりを見ていくとこんな組み合わせが相性良いという特徴がありました

ハービンジャー、バゴ、ホワイトマズル
これら欧州型種牡馬が人気以上に走って馬券に絡んでるという側面もありますね

ミッキーロケット(Pivotal×Caerleon)
レッドエルディスト(Darshaan×Alzao)
リアファル(エルコンドルパサー×Riverman)
近2年では母方が重めの欧州配合馬が人気以上に走って馬券になっております

サンデー×ノーザンテースト×ボールドルーラー系のエアスピネル
サンデー×ノーザンテースト系のマッサビエル
母方がスピード特化配合だったこの2頭はいずれも2番人気で凡走
一昨年1番人気2着だったリアルスティールも母方がStorm Cat×Mr. Prospectorでスピード型
こういった所からしても母方は欧州配合の馬に注目してみたいと思います
 

神戸新聞杯2017の予想

 
今年はサンデー系種牡馬が6頭とやや少ない印象
ならば非サンデー系種牡馬にチャンスがあるのでは??

◎はベストアプローチにしました
父New Approachはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサー系
Efisio×Silver Hawkの母方は重めの欧州配合
現状良馬場でもちょっと重めの馬場だけにこの血統配合は魅力的
勝ち切るまでは微妙でも人気以上に走れる可能性に期待

○はキングカメハメハ産駒のレイデオロ
ミッキーロケット・ローズキングダムとキングカメハメハ産駒は当レース2頭馬券に
キングカメハメハ産駒は芝重賞では間隔を開けての臨戦(10週~25週)が最も好成績
シンボリクリスエスにSeeking the Goldという母方なんで欧州色は薄いものの
ダービーからの間隔を開けての臨戦でまず大崩れは考えにくそうではあります

▲はディープインパクト産駒サトノアーサー
この馬もダービー以来という間隔を開けての臨戦
決してこことの相性が良いとは言えないディープインパクト産駒ですが
この馬はノーザンファーム生産馬でありますし
母父Redoute’s Choiceこそオーストラリアですがその父デインヒルが欧州ですし
母母父ヌレイエフが欧州ノーザンダンサーでその奥Manila~Rivermanと欧州色が強めの母方
現代菊花賞では重いと言わざるを得ない母方だけに向きそうなここはチャンスかと

△にアドマイヤウイナー
父ワークフォースは凱旋門賞馬でサドラーズウェルズ内包
キングマンボ系でキングカメハメハと同じ系統ですがこちらはかなり欧州色が濃いです
しかも母父がダンスインザダークでサンデーのスタミナ型
この馬は新馬→札幌2歳S、500万→青葉賞とアップ戦の重賞でそれぞれ3着と好走
ダイワダッチェスも未勝利→フェアリーS7番人気3着
馬券にこそならなかったですがクィーンズベストも500万→12番人気4着
ワークフォース産駒はアップ戦で走れる傾向にあると思います
ここは1000万からの臨戦なのでアップ戦ですし期待したくはなりますね

あとは押さえにルーラーシップ産駒の2頭(ダンビュライト・キセキ)
 

予想印と買い目

 
ベストアプローチ
○レイデオロ
▲サトノアーサー
△アドマイヤウイナー
×ダンビュライト
×キセキ
 
買い目は
◎ー○▲の馬連
△ー◎○のワイド
◎○ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 札幌2歳ステークス 2017 予想

  2. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望

  3. カペラステークス2017 出走予定馬と展望

  4. 北九州記念 2017 予想

  5. 武蔵野ステークス2017 出走予定馬と展望

  6. エンプレス杯2017 予想

おすすめ記事

  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る