menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. 有馬記念2015 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

神戸新聞杯 2018 予想 本命は思い入れの強い馬で

 
9月23日(日)阪神競馬場で行われる神戸新聞杯2018の予想です

神戸新聞杯は芝2400mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
3着までに菊花賞の優先出走権が与えられるトライアルレース
2006年以前は2000m戦だったのが今思うと懐かしいです

過去5年の勝ち馬の顔触れは
レイデオロ、サトノダイヤモンド、リアファル、ワンアンドオンリー、エピファネイア

サトノダイヤモンドとエピファネイアは次走菊花賞制覇しリアファルは菊花賞3着
レイデオロは菊花賞には向かわずジャパンカップに直行し2着
勝ち馬は近年次のG1で軒並み好走しておりG1との密接度が高まってるような気も

今年は皐月賞馬エポカドーロVS日本ダービー馬ワグネリアン
ダービー1.2着馬が菊花賞前にいきなりの激突
人気も予想通り1.2番人気を最後まで争いそうであります

以下、エタリオウ、ステイフーリッシュ、ゴーフォザサミット、タイムフライヤーの人気順に

そんな神戸新聞杯2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における神戸新聞杯1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
血統傾向の前に。。

ディープスカイ
エイシンフラッシュ
オルフェーヴル
ワンアンドオンリー
レイデオロ
2400mに距離変更されてからダービー馬は神戸新聞杯でオール連対(4勝)
ダービーと同じ距離になってゆったりとした外回りならこれだけリンクするのも当然か

という訳で今年のダービー馬ワグネリアンの好走は約束されたようなもの!?
先日のこの記事の内容にも当てはまってきますし
(まあ先日のセントライト記念3番人気だったギベオンは飛びましたが)

16年6番人気2着
ミッキーロケット(母方Pivotal×Caerleon)
16年4番人気3着
レッドエルディスト(母方Darshaan×Alzao)
15年3番人気1着
リアファル(母方エルコンドルパサー×Riverman)
15年7番人気3着
トーセンバジル(父ハービンジャー)

母方が欧州配合父が欧州型種牡馬
近3年で人気より着順が上だった馬は欧州志向が強めの馬が目立ちます
という訳でレースのポイントは欧州血統に求めてみようかと
 

神戸新聞杯2018の予想

 
◎はゴーフォザサミット
母父は米国型ですが母母父が凱旋門賞馬で欧州型
父はサンデー系で欧州の血内包なら欧州志向が強めの分類でもいいかと
タイミング的には4走前→3走前のパターンに近し(延長&小回り→広いコース)
前走は短縮臨戦で厳しいペースで4角で位置を押し上げる競馬
今回は産駒得意とする延長臨戦で苦→楽の可能性がありそうなので
何よりこの馬の事をずっと高評価してきており
ここで走られたら後悔しかないので(笑)
 
 
○はステイフーリッシュ
母方キングカメハメハ×Silver Hawkが欧州志向を感じさせてくれる配合
さらにキングカメハメハのキングマンボ系はこのレースと相性の良い系統
強い相手に立ち向かえるタイプで
ダウン戦であってもダービー1.2着馬が出走する舞台なら条件的には良さそう
過去2度の着外は頑張った後に間隔詰めてきっちりと負けてるので
今回は間隔を開けての臨戦なら見直せそうなタイミング
 
 
▲はワグネリアン
ディープインパクト産駒の秋のトライアル戦は
「前走からアップ戦の馬より前走G1つまりダウン戦の馬が明らかに成績が良い」
特に牡馬はこれが顕著であり今回ダービーからのダウン戦
皐月賞でそれまでの楽な競馬から苦を味わい
その後のダービーで差し→先行位置取りショックで楽を感じたはず
そのあたりで他馬にも十分付け入る隙はあるのではないかと
しかし同じダービー馬であった昨年のレイデオロも
皐月賞で苦を味わった後にダービーで3角からの位置取りショックで勝利
その後のこのレースで圧勝だったので
そう思えばこれ以上評価は下げる事はないかと
 
 
アドマイヤアルバは母方が米国配合であるので穴馬の資質は?かもしれない
それでも”ハーツクライ×ノーザンファームの間隔を開けての臨戦”
これは5割を超える複勝率があるので押さえに
 
 
タイムフライヤーはブライアンズタイム×Alzaoの母方
これが欧州志向が感じさせてくれます
もう終わった?もうちょっと激戦のほうが?そんな可能性はあるけれど
敢えて買う場面があるならばこの休み明けしかないのかなっていう感じ
先を見据える云々言えない状況やからある程度作ってくる筈ですし
 
 
この5頭でいきたいと思います
 

予想印と買い目

 
◎ゴーフォザサミット
○ステイフーリッシュ
▲ワグネリアン
△アドマイヤアルバ
△タイムフライヤー

買い目は
◎の単
◎ー○の馬連
◎○ー◎○▲ー◎○▲△△の3連複
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 宝塚記念 2018 予想 本命は血統にとことん拘ってダンビュライ…

  2. シルクロードステークス 2018 予想

  3. ニュージーランドトロフィー 2018 予想 大外枠でもアンブロジ…

  4. 新潟記念 2018 予想 本命はメートルダール

  5. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ

  6. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルデ…

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る