menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

神戸新聞杯2015 予想

 
日曜阪神メイン・神戸新聞杯2015の予想です
 
 
出走馬の顔触れを眺めると
ディープインパクトとハービンジャーが複数出走しており上位人気もここから形成されてますね
 
 
神戸新聞杯とディープインパクト産駒ですが
サトノノブレス、ロードアクレイム、マウントシャスタ、フレールジャックと過去4頭馬券に
 
一見走ってる印象ですがまだ勝ち馬はいないんですよね
サトノアラジン・トーセンスターダム・ラストインパクト・ヒストリカルと結構人気を裏切ってもいます
 
1600万・OP・重賞という上級条件の阪神2400mとしても過去【0.1.5.16】という成績
 
そしてハービンジャーも重賞で飛び付いて買いたくなるような種牡馬でもなく・・・
 
 
という訳で本命馬はこの2産駒以外から選んでみようかと
 
 
◎はサンライズセンス
父サンデー系が近年圧倒的に強い中でロベルト系種牡馬グラスワンダーを父に持つのがこの馬
まずグラスワンダーはセイウンワンダーがこのレース馬券に(09年3着)
1600万・OP・重賞という上級条件の阪神2400mでグラスワンダー産駒は【3.0.1.5】と相性◎
そして母母父にトニービンを持ってるんですが
ワンアンドオンリー・マジェスティハーツ・サトノノブレス・ロードアクレイム
3年連続でトニービンを持つ馬が神戸新聞杯で馬券になってるのも後押し
内枠が非常に強いコース傾向でもある中で最内枠というのも激走を期待させてくれます
 
○はレッドアルティスタ
ステイゴールド産駒はゴールドシップ&オルフェーヴルといったG1馬が過去馬券に
ディープがやや苦戦する舞台で
逆にネオユニヴァース、ハーツクライ、スペシャルウィークといったスタミナに勝るサンデー系が過去好走
そんな意味でも人気薄とは言えどやはりステイゴールドを父に持つというのは魅力
 
▲はキロハナ
ディープインパクト産駒ですがこの馬を評価したのは母母父がトニービンという所
”父サンデー系×母方にナスルーラの血を持つ馬”
こんな血統構成馬がこのレース毎年確実に1頭は馬券に絡んでくるのもあるので
 
△はタガノエスプレッソ
父ブラックタイドに母母父トニービンなんで父サンデー系×母方にナスルーラの血を持つ血統構成
 
 
【神戸新聞杯2015予想】
サンライズセンス
○レッドアルティスタ
▲キロハナ
△タガノエスプレッソ
×リアルスティール
×アルバートドック
×サラトガスピリット
×ティルナノーグ
 
買い目は
◎の単複
○の単
◎-○▲△の3連複
◎-○▲△-××××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. JBCクラシック2015 予想

  2. アルゼンチン共和国杯2015 予想

  3. チャレンジカップ2015 出走予定馬と先行予想

  4. エーデルワイス賞2015 予想

  5. 中京記念2015 過去3年の血統データ

  6. 函館日刊スポーツ杯2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 27日
  2. 2015年 9月 27日
    トラックバック:浪花のクマさん 穴馬券
  3. 2015年 9月 27日

カテゴリー

ページ上部へ戻る