menu
閉じる
  1. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  4. 京都大賞典2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. 有馬記念2015 予想
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

小倉記念2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜小倉メインレースは小倉記念2016
 
 
夏の小倉まず一発目の重賞が小倉記念
 
今年の小倉記念には3年前の勝ち馬メイショウナルト
昨年の2着馬ベルーフ、一昨年の2着馬マーティンボロと実績のある3頭が参戦
約10年前にメイショウカイドウという馬がこの小倉記念を連覇しましたが
今年は実績のある3頭の中から好走馬が出るのか?
 
1番人気が予想されてるのはダコール
これが22度目の重賞になるんですがもし1番人気に推されれば重賞では初めてとなります
 
あとは復活を期したい昨年のダービー2着馬サトノラーゼンにも注目でしょう
 
そんな小倉記念2016出走予定馬は12頭(全馬出走可能になっております)
 

小倉記念2016の出走予定馬と血統表

 
小倉記念2016出走予定馬
 

小倉記念の血統傾向

 
中心はやはりサンデー系種牡馬になりますね
08年以降実に8年連続で勝ち馬を輩出しております
 
その中で代表格といえるディープインパクト産駒は【1.2.0.9】とイマイチ
馬券になってるのは前走重賞好走馬と前走から間隔(10週以上)を開けてた馬
つまり好調馬かリフレッシュされてる馬というのがポイントかも?
 
あとはステイゴールドの血も侮れず
 
グレイソヴリン・母方に欧州ノーザンダンサーの血を持つ馬もよく走ってるのも特徴
 

小倉記念2016有力馬の考察

 
ダコールはディープインパクト産駒
前走七夕賞2着なんで臨戦は悪くなさそうですし母母父Caroがグレイソヴリン系
ただ過去小倉記念は2度走って4・7着
そして冒頭にも書きましたが今回受けて立つ立場(1番人気)になってどうか!?
 
サトノラーゼンもディープインパクト産駒
今回は新潟大賞典以来13週と間隔を開けての競馬は好感
ディープインパクト産駒もそうですが全体の成績でも間隔を開けてる馬は率が高し
母母父Caerleonはニジンスキー系なんで欧州ノーザンダンサー
 
アングライフェンはステイゴールド産駒
ステイゴールド産駒は過去小倉記念で2勝し昨年はウインプリメーラが3着
母父パントレセレブルはヌレイエフ系なんで欧州ノーザンダンサー
さらに母母父トニービンがグレイソヴリン系
過去2度の重賞では勝負にならなかったですが血統的にここへの適性は十分
 

小倉記念2016出走予定馬で気になる馬

 
アングライフェン
サトノラーゼン
ダコール
プランスペスカ
ベルーフ
マーティンボロ
 
この6頭の中で最も注目してるのがベルーフで次点がアングライフェン
 
ベルーフの父はハービンジャー
今回は新潟大賞典以来なんで休み明けになりますがハービンジャーの芝重賞休み明けはまずまず
そして母レクレドールがステイゴールドの全妹という事で近親にステイゴールドが居るという事に
昨年も2着してるレースですし今年も期待出来そう
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アメリカジョッキークラブカップ2016 出走予定馬と先行予想

  2. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  3. アルゼンチン共和国杯2016 予想

  4. 朝日杯フューチュリティステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 名古屋グランプリ2016 予想

  6. 弥生賞2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る