menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 北九州記念 2017 予想
  3. 札幌記念 2017 予想
  4. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  5. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  6. サマーチャンピオン 2017 予想
  7. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  8. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  9. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  10. 小倉記念 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

小倉記念2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜小倉メインレースは小倉記念2017
 
 
小倉記念は2000mで行われる3歳以上のハンデキャップレース
小倉競馬で行われる重賞の中では最も古いレースになりますね
尚、小倉記念はサマー2000シリーズの第3戦として行われます
 
過去5年の当レース勝ち馬は
16年 クランモンタナ
15年 アズマシャトル
14年 サトノノブレス
13年 メイショウナルト
12年 エクスペディション
 
トップハンデ馬は2年連続このレース2着のベルーフの57㎏
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【0.1.1.3】と苦戦傾向
1番人気馬は2005年メイショウカイドウ以来勝っておりません
 
今年1番人気に推されそうなのはストロングタイタンでしょうか!?
前走は条件戦でしたが中京2000mをレコード勝ちと再び勢いをつけての重賞挑戦に
 
ストロングタイタン、ベルーフの他に主な登録馬は
クランモンタナ、バンドワゴン、フェルメッツァ、カフジプリンスらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
小倉記念2017出走予定馬は13頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

 
これは過去10年における小倉記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
種牡馬に関してはサンデー系種牡馬が優勢(13年以外は08年以降2頭は馬券になってます)
その中でも注目したいのはディープインパクトステイゴールドでしょう
 
ディープインパクトに関しては人気がないほうがこのレースでは数字が良くて
3番人気以下で【2.1.1.7】(ちなみに1.2番人気は【0.1.0.5】)
 
ステイゴールドは2勝に3着1回と走っており
昨年・一昨年と2着しているベルーフの母がステイゴールドの全妹
 
母方は欧州血統を持つ馬の好走が非常に目立ちますね
特にノーザンダンサーグレイソヴリンの血は相性抜群であります
 

有力馬の考察

 
ストロングタイタンの父はRegal Ransomでフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
Tiznow×Seeking the Goldの母方含め米国産馬らしく完全な米国配合
ですが・・芝中距離をこなしてるあたりちょっと異質ですね
前走は休み明けのダウン戦を快勝しましたが馬体重は12㎏減ってのもの
そこから今回は間隔が詰まってますし2度弾き返された重賞への再挑戦もまた人気
なかなか上位には評価し辛いというのが現時点でのジャッジ
前走1600万1着という臨戦もここでは数字的にあまりよくないですし・・
 
バンドワゴンはホワイトマズル産駒で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
どうしても父がサンデー系種牡馬が優勢なレース傾向だけにこの父はややマイナスかも
Unbridled’s Song×General Meetingの母方はミスプロ系×ボールドルーラー系
つまり母方は欧州血統とはややかけ離れてる印象
 
ベルーフの父はハービンジャーでダンチヒ~ノーザンダンサー系種牡馬
2年連続2着と適性は十分なんでしょうが今年過去2年と違うのは間隔が開いてないという事
前走エプソムカップからなんで中8週と微妙なところではあるんですが・・
そのエプソムカップは上がり3位をマークしてるんで走れる状態にはあるのかも
 

出走予定馬で気になる馬

 
スピリッツミノル
タツゴウゲキ
フェルメッツァ
ベルーフ
ヴォージュ
 
この5頭の中で最も注目してるのがヴォージュで次点がフェルメッツァ
 
ヴォージュの父ナカヤマフェスタはサンデー系種牡馬で父の父がステイゴールド
母父タニノギムレットはグレイソヴリン内包という事で血統構成は魅力
前走七夕賞は33.9-36.6というきつい流れを3番手先行し9着
2走前ジューンステークスが37.9-34.5のスローな流れで2番手先行
全く異なるペースだった分だけ前走はさすがにアップ戦でもあったので苦を感じたはず
その経験が生きてここを楽に感じてくれればとの期待
 
フェルメッツァはディープインパクト産駒で人気薄が見込まれそう
母父トニービンがグレイソヴリンで母母父ヌレイエフが欧州ノーザンダンサー
クランモンタナにサトノノブレスとディープインパクト産駒でこのレースを勝った2頭は
いずれもが母父トニービンでしたし
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視

  2. 阪神大賞典2017 予想

  3. 日経新春杯2017 予想

  4. ベルモントステークス2017 予想

  5. 皐月賞2017 血統評価というか短評

  6. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る