menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 有馬記念2015 予想
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

小倉記念2015 スピード決着でも狙うべきは欧州血統!?

 
昨年こそ勝ち時計がやや重馬場の影響もあって1分59秒台だった小倉記念ですが
例年は1分57秒~58秒台のスピード決着になる傾向
それでも33秒台の上がりの脚は要求されないので瞬発力というよりは持続的に脚を使える馬
そこで浮上するのが以下で取り上げる欧州血統=スタミナに長けた血統なんです
 
 
●トニービン
 
14年1着 サトノノブレス(母父)
14年3着 メイショウナルト(父母父)
13年1着 メイショウナルト(父母父)
13年2着 ラブリーデイ(母母父)
11年2着 キタサンアミーゴ(母父)
11年3着 リクエストソング(母父)
10年1着 ニホンピロレガーロ(父母父)
10年2着 バトルバニヤン(父系)
 
欧州血統で日本で代表的なトニービンの血
この血は小倉記念でかなり相性良いですね
これ以前だと09年に16番人気で勝ったダンスアジョイの母父もトニービンでした
そしてトニービン=グレイソヴリン系で括ればグレイソヴリンの血も昔から良く馬券になっております
 
 
クランモンタナ(母父)
サンライズタイセイ(母父)
メイショウナルト(父母父)
 
出走予定馬でトニービンの血を持つのはこの3頭
 
 
●母方に欧州ノーザンダンサーの血
 
14年2着 マーティンボロ(母父Nureyev)
14年3着 メイショウナルト(母父カーネギー、母母父マルゼンスキー)
13年1着 メイショウナルト(母父カーネギー、母母父マルゼンスキー)
12年1着 エクスペディション(母父Lyphard)
12年2着 トーセンラー(母母父Sadler’s Wells)
12年3着 ナリタクリスタル(母父ペンタイア)
11年1着 イタリアンレッド(母母父Caerleon)
 
欧州ノーザンダンサーの血は母方にサポートされてるのがこのレースにとってはいいんでしょう
しかも上で挙げた馬は全てサンデー系の父を持っているので
父サンデー系×母方に欧州ノーザンダンサーの血=この配合馬が狙ってみる価値ありそうな感じ
 
 
アズマシャトル(母父マルゼンスキー)
オーシャンブルー(母母父Dancing Brave)
クランモンタナ(母母父Lyphard)
ゲシュタルト(母母父Sadler’s Wells)
パッションダンス(母母父Lyphard)
マローブルー(母母父Singspiel)
メイショウナルト(母父カーネギー、母母父マルゼンスキー)
 
出走予定馬で父サンデー系×母方に欧州ノーザンダンサーの血の配合馬はこの7頭
 
 
クランモンタナ・メイショウナルトなんかは両方の血を持ってるという事になりますが
とりあえずここで取り上げた8頭の中から現時点では本命馬を選ぶつもりです

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中京記念2015 出走予定馬と先行予想

  2. チャレンジカップ2015 出走予定馬と先行予想

  3. カシオペアステークス2015 予想

  4. 京王杯2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  5. エリザベス女王杯2015 出走予定馬と先行予想

  6. ファンタジーステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る