menu
閉じる
  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  4. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

黒船賞2017 予想

 
3月14日(火)高知競馬場ダート1400mで行われる黒船賞2017の予想です
 
 
黒船賞は古馬混合戦で行われる地方交流重賞
高知競馬場唯一のダートグレード競争として昔から根付いているレース
 
黒船賞は数ある地方交流重賞の中でも特にJRA所属馬が強いレースでありまして
昨年までJRA所属馬が16連勝中とまさに圧倒しております
 
ニシケンモノノフ、グレイスフルリープ、キングズガード、ドリームバレンチノ、ブラゾンドゥリス
今年はこの5頭がJRA所属馬として黒船賞に参戦
 
そんな黒船賞2017の発走時刻は17:00になっております
 

黒船賞2017の見解

 
米国血統が前面に出てる馬がよく走ってる印象ですかね
ヘイローとかミスプロだったり
 
あとは母方にナスルーラが入ってる馬も結構馬券に絡んでおります
 
スピードとパワーの重要性が高いレース傾向
 

黒船賞2017の予想

 
◎はニシケンモノノフにしました
父はメイショウボーラーでヘイロー系、
母母父サンシヤインボーイがナスルーラ
前で踏ん張ったフェブラリーステークスが好内容で短縮臨戦も得意ですしね
 
○は父ロージズインメイがヘイロー系のドリームバレンチノ
母母父ブレイヴエストローマンがネヴァーベンドなんでナスルーラ
 
▲キングズガードは父シニスターミニスターがエーピーインディ系で米国型種牡馬
産駒は総じて短縮臨戦が得意なんでフェブラリーステークスからの臨戦は魅力
 

黒船賞2017の予想印と買い目

 
ニシケンモノノフ
○ドリームバレンチノ
▲キングズガード
△ブラゾンドゥリス
 
買い目は
◎ー○▲△の馬連
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中山記念2017 出走予定馬と展望

  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

  3. 阪神牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

  4. 目黒記念2017 出走予定馬と展望

  5. 小倉記念2017 出走予定馬と展望

  6. 京都大賞典2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る