menu
閉じる
  1. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. クイーンカップ 2018 予想
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典 2018 予想
  3. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  4. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  5. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  6. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  7. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  8. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

共同通信杯 2018 予想

 
2月11日(日)東京競馬場で行われる共同通信杯2018の予想です

共同通信杯は芝1800mで行われる3歳限定の重賞でして副称トキノミノル記念
近年の当レースは春のクラシックへ向けて重要な位置付けとなってますね

ディーマジェスティ、イスラボニータ、ゴールドシップ
近年だと共同通信杯勝ち馬ではこの3頭が皐月賞を制覇しております
この直結ぶりはちょっと見逃せない傾向かもしれないですし
ドゥラメンテにディープブリランテはここで2着に負けた後にダービーを制覇
昨年の勝ち馬スワーヴリチャードもダービーで2着と頑張ってましたから

今年の注目馬そして圧倒的1番人気は2戦2勝のグレイル
前走京都2歳ステークスでは後にホープフルステークスを制したタイムフライヤーに勝利
ここを勝って3連勝となればクラシック有力候補に名乗りを挙げる事に

グレイル以下の人気はステイフーリッシュ、サトノソルタス、ゴーフォザサミット、オウケンムーンの順に

そんな共同通信杯2018の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における共同通信杯1~3着馬の父と母父が分かるもの

11年以降になりますがゴットフリート(13年2着)とドゥラメンテ(15年2着)の2頭
これ以外は全てディープインパクト産駒も含めたサンデー系種牡馬で馬券を独占
印的には重い所に置くべきなのかなあという結果になってますね

そのディープインパクト産駒ですが
ここが初重賞だった馬が【2.1.3.6】で複数回目の重賞戦だった馬が【0.1.3.7】
ディープインパクト産駒に関しては鮮度というのは気にしておいたほうがいいのかも?
(今回登録してる4頭は全て初重賞になります)
今世代は重賞での複勝率が高くなってるので1頭は走ってきそうな予感はあり

サドラーズウェルズ
ロベルト
ボールドルーラー
母方ではこれらの血を持つ馬が近年では馬券によく絡んでるようです

あとやっぱりここでもノーザンファーム生産馬はしっかり走ってまして
過去5年では【2.4.3.10】で複勝率47.4%で馬券になってるのは全て5番人気以内
 

共同通信杯2018の予想

 
◎はゴーフォザサミットにしました
父ハーツクライがサンデー系種牡馬で昨年の勝ち馬スワーヴリチャードと同じ父
コスモイグナーツが引っ張る流れなら淀みないペースになるかもしれませんが
東京1800mらしい決め手勝負になったとしても前走の対応力からして大丈夫なのかなと
むろん淀みなくても父からしてそして2走前の内容から不安はあまりなし
母父Storm Catは米国型ノーザンダンサー系
リアルスティールにダイレクトキャッチが同じ母父で人気以上に走って馬券に
このスピードというエッセンスがこの舞台ではいい方に出るんじゃないかと
とにかく今開催=特に先週が圧巻でしたが【4.1.3.8】とハーツクライが絶好調の馬場
もし雨上がりとかで今週も多少なりタフな馬場になりそうなら尚更ですね

○はグレイル
父は◎ゴーフォザサミットと同じハーツクライ
こちらはRock of GibraltarにRainbow Questという母方の分ゴーフォザサミットよりは重い印象
京都2歳Sでも一瞬置かれそうな感じだったので
アクセルの軽さ的には同じ父でもゴーフォザサミットのほうが上と感じるのでこの評価
ハーツクライは実は近年の重賞だと1番人気の安定感が抜群になってきてます
ノーザンファーム生産馬でもありますしこれ以上落とせなかったですね

▲はオウケンムーン
父オウケンブルースリはトニービンの血が入ったグレイソヴリン系種牡馬
なかなか頭数が少なくて掴み辛い産駒ではあるんですが
トニービンの系統なんで単純に東京替わりというのは一つ魅力的には映りますね
そして母父エリシオの父Fairy Kingがサドラーズウェルズの全弟でもあり
母ムーンフェイズがフローラS3着、トキオエクセレントが青葉賞1着と東京重賞で走り
タガノマイバッハにコスモシンドラーも重賞実績馬
血統的に派手さはないものの近親からは意外と侮れないのでは?と思わせてはくれます
この馬はノーザンファーム生産馬ですし新馬→未勝利の内容を評価してるのもあり

サトノソルタスは正直分かりません(笑)
初重賞のディープ産駒×ノーザンファーム生産馬
半姉のパシフィックギャルが父ゼンノロブロイでも2.3歳重賞でもやれたのでディープなら

アメリカンワールドの父Kitten’s Joyはサドラーズウェルズ系種牡馬でロベルト内包
圧勝後の格上げなんでジャンダルムに出るか?ダッシングブレイズに出るか?
現状ハーツが走る馬場でタフな感じならという事で評価してみました
 
×カフジバンガードは単純に延長臨戦のハービンジャーで先行の位置取りが掛かって粘れるか?
唯一の1600m臨戦馬なら異端性も感じられるので

×エイムアンドエイドは未勝利→京成杯がラップ的に相当キツイ中で同じように先行
そこで1秒差なら踏ん張った方か?母と近親のサングレーザーは非根幹重賞勝ち馬
父エイシンフラッシュは湿った馬場が特注なんでタフであれば
 

予想印と買い目

 
ゴーフォザサミット
○グレイル
▲オウケンムーン
△サトノソルタス
△アメリカンワールド
×カフジバンガード
×エイムアンドエンド

買い目は
◎の単
◎ー○▲△△の馬連
◎○ー▲△△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. きさらぎ賞2018 出走予定馬と展望

  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望

  3. 愛知杯 2018 予想

  4. シンザン記念2018 出走予定馬と展望

  5. 中山金杯2018 出走予定馬と展望

  6. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る